2021年11月4日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

10月中旬の平日。
健康診断で半休を貰った夜。
新橋の家庭料理てまりさんにやってまいりました。

『いらっしゃいませ!こちらの席にどうぞ』

ご挨拶してくださったのはコツブさん。
案内してくださった席に座って…

まずは生ビールをいただきます。

『いらっしゃい』

カウンター席の端には箱に入ったハルちゃん。

『奥に居るのはパンツ兄ちゃんだよ』

パンツくんがカウンター席にいるのは珍しいですね。

『もうアレやるの?』

いや、アレはもうちょっと後にしましょう。

お腹が減っていたので先にお料理を。

まずはカツ煮。

シイタケ肉詰めも食べちゃいます!

入口の方を見ると、ヨチャロウさんがビールのチェックをしていますねぇ。

『お料理美味しかった?』

はい、ハルちゃん。

美味しかったですよ~
と、撫で撫で♪

その奥のパンツくん。
『ヤラセ写真は遠慮しておきますよ』

そうですね、まだやめておきましょう。
まだね。

『いらっしゃいませ!』

キクちゃんが膝に乗ってきてご挨拶してくださいました♪

膝の上のキクちゃんを撫で撫で。

スマホで写真を撮ってたら、その手にスリスリしてくるキクちゃん。

『こっちも撫でてよ~』

コツブさんが訴えてきたので、コツブさんも撫で撫で。

『コツブさんはいつも相手してもらってるじゃない!』

『しばらくお客さんに相手してもらってないから相手して欲しいの!』

見つめ合うキクちゃんとコツブさん。
二匹を撫でながらお酒を呑んで…
後編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。