2021年11月21日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

10月中旬の週末。
新橋の家庭料理てまりさんで猫呑みしております。

牛肉とゴボウ煮をつまみにグビリ♪

『今日も呑んでるねぇ』

はい、キクちゃん。
呑んでますよ~

撫で撫で撫で♪

手に顔を擦り付けてくるキクちゃん。

『気持ちいいよ~っ!』

大あくびです。

『このまま寝ますね』

箱の中でお休みになってしまったキクちゃん。

『パンツ兄ちゃん、相変わらず長くなって寝てるよ』

ハルちゃんが教えて下さいました。

窓を見てみると…
窓の桟に挟まって寝ていますねぇ。

『あんな寝方して苦しくないのかなぁ』

ポンちゃん、そう思いますよねぇ。

でも、本猫は気持ち良さそうに熟睡しています。

箱で熟睡するキクちゃんを眺めてトイレに。

用を足して前を見ると、チマさんの写真が!

自分の撮った写真を飾ってくださってます。
嬉しいですねぇ。

トイレから席に戻ります。
あれ?パンツくんが捕まってヤラセ写真撮影会が始まっていますよ!

妖怪猫吸い氏の膝の上でヤラセ写真を撮られるパンツくん。

妖怪猫吸い氏、一升瓶の持ち方が違いますよ。

『ちゃんとボクに持たせないとヤラセ写真になりません』

そうですよね、パンツくん。

捕まってヤラセ写真を撮られ最難なパンツくん。
この後それ以上の災難が降りかかるとは、予想も付いて…
いや、妖怪猫吸い氏が予想通りの行動をとった様子は次回で!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。