2021年11月24日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

10月の休日。
武蔵新田・はやちゃんちでディナーを楽しんでおります。

レアのビフテキが美味しい♪

『お料理にお酒に満足しているようね』

はい、バサラさん。
これでバサラさんお接客があれば大満足なんですけどねぇ。

『接客ねぇ』

『しょうがないわねぇ』

前足を伸ばしたバサラさん。
接客する気になってくださいました?

『どうもやる気が出ないわねぇ』

前足をバタッと落としたバサラさん。

『でもハロウィンだし…』

そう、ハロウィンだからイタズラでもいいですよ!

『おやつをくれなきゃ接客しないわよ』

あ…そうきましたか。

ここでママさんがおやつを差し出してくださいました。

ポリポリポリ…

おやつを食べるバサラさん。

『一粒じゃぁ…やる気にならないわねぇ』

では、もう一粒!

『おやつをくれなきゃ接客しないわよ!』

台詞が違うって言っているでしょ、バサラさん。

『おやつ貰っても接客する気ないけどね』

え?

『バサラは眠いのよ』

それはわかってますけどね。
看板猫としてお仕事を…ねぇ。

『しょうがないわねぇ』

『よいしょ』

立ち上がったバサラさん。
ようやく接客する気になったんですね!

『あ、接客の前にきれいにしなくちゃ』

また丸まって毛づくろいを始めてしまいました。
自分はバサラさんの接客を受けることができるのでしょうか?
答えは後編で。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。