2021年11月12日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

10月の週末。
緊急事態宣言が明けて営業再開した、江古田の赤茄子さんにお邪魔しています。

カウンター席に居座るマコちゃんを撫で撫で。

『マコちゃん、撫でられてゴキゲンですね』

ちーちゃんが常連さんの膝にやってきました。

ちーちゃんも常連さんに腰ポンポンされてゴキゲンですねぇ。

だんだん姿勢が低くなります。

すっかり常連さんの膝に落ち着いてぽんぽんされる、ちーちゃん。

『写真ばかり撮っていないで、お料理も召し上がってくださいな』

はい、いただきますが…
腰ポンポンされている体勢で言われてもねぇ。

『マーラージャン炒めがオススメだよ!』

はい、マコちゃん。
ではオススメを…ってその体勢で勧められてもねぇ。

まぁいいや。
オススメのマーラージャン炒めをいただきます。

これはお酒が進みますね!

『でしょ!』

マコちゃんのオススメを頼んでよかったです!

『え?』

『なんか言った?』

マコちゃん、毛づくろいを始めて聞いちゃいないですね。

爪を噛んでから足をペロペロ舐めるマコちゃん。

『あーちゃんに挨拶してないでしょ。あっちに居るよ』

毛づくろいの後はお休み体勢に入ってしまいました。

では、あーちゃんを探しましょう。
奥でくつろぐ、あーちゃん発見!

『あ、見つかっちゃった』

半分だけ顔を見せてくれた、あーちゃん。
あーちゃんのお顔も拝見して赤茄子猫さんズ全員にようやく挨拶できたところで…
後編に続けるとしましょう。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。