2021年11月5日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

健康診断で半休を取った10月中旬の平日。
新橋の家庭料理てまりさんで猫呑みを楽しんでおります。

ハルちゃんを椅子の間からパチリ♪

その横ではコツブさんが偉そうに見下ろしてきます。

『もっと撫でてよね』

足を伸ばしてくつろぐコツブさんを撫で撫で。

『あ、パンツ兄ちゃんが起きたよ!』

緊急事態宣言中にぽっちゃりを通り越すぐらいの大きさになったトラちゃんが教えて下さいました。

すかさずパンツくんを捕獲!
『あ…捕まってしまいました』

『早く終わらせてくれないですかねぇ』

目がうつろなパンツくん。

酔っぱらい新橋サラリーマン猫をしっかり演じてくださいました♪

『パンツ兄ちゃん、今日もやってるね』

箱の中から見つめるハルちゃん。

パンツくんを開放し、今度は肉豆腐をいただきます。

横を見ると、起きてきてマスターに甘えるハルちゃん。

ハルちゃんはマスター大好き!

手にスリスリして甘えています。

本当は膝に飛び乗りたいみたいですね。

小上がりの方では、熟睡するポンちゃん。

ツブツブさんはお食事中です。

『そろそろ閉店ですよ』

ミンチョさんが出てきてご挨拶してくださいました。
が…そろそろお店を占める時間。

パンツくんにご挨拶して…
あ、あんな隅に居ますねぇ。

『もうヤラセのサービスは終わりですからね!』

はい、ヤラセ写真はまた今度ね。

最後にコツブさんをムギュッと撫でて…

てまりさんを後にするとしましょう。

女将さん、マスター、猫さん達、今回もありがとうございました。
ごちそうさまでした!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。