» 丸吉玩具店のブログ記事


7月下旬の休日。
昼呑みから丸吉玩具店さんにお邪魔しています。

自分の膝に乗ったツチノコ。

いや、純平くん。

撫で撫で撫で…

変な顔~っ!

撫で撫で撫で撫で…

またまた変な顔~っ!

『純平はろっちさんに甘えるのが大好きなんだね』

この様子を見つめるコバナさん。

『甘えてなんかないぞ!』

一旦レジ台に移動した純平くんですが…

またまた膝の上に。

やっぱり甘えてんじゃん!

自分の腕を枕にして眠る純平くん。

甘えてくれるのは嬉しいのですが…
重いし暑いですねぇ。

あ、手までかけてきちゃった。

余計暑くて重苦しいです。

『暑いっ!』

『撫で係の膝の上は暑い!扇風機の前が一番だ!』

いや、それはこっちのセリフなんですけどねぇ。

『撫で係は俺様の言う事を聞いていればいいの!』

ま、聞く気はないですけどね。

その頃サンペイくんは…

熟睡していますねぇ。

『ん?ご飯?』

いや、ご飯の時間はまだまだ先ですよ。

『じゃぁいいや…』

向きを変えて寝ちゃったサンペイくん。
アホだけどね姿は可愛いですねぇ。

さて、今回も長居してしまいした。
コバナさんにご挨拶して…

扇風機の前で涼む純平くんを置いて、移動するとしましょう。

丸吉玩具店さん、今回もありがとうございました。
またお邪魔しますね!
皆さんお元気で!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



7月下旬の休日。
立石で昼呑みと猫散歩を楽しんでおります。

モツ焼き屋さんで昼酒を楽しんで、丸吉玩具店さんに戻ってくると…
不思議な物体発見!

これはもしかして…
伝説のツチノコ!

『ん?』

ツチノコが動いた!
猫の顔が付いている!

『あ、撫で係。戻ってきたのか』

あ、純平くんでしたか。

『何を騒いでいるんだ?』

いや、だってねぇ。
この姿、どう見てもツチノコでしょ!

『よくわからないけど、早く俺様を撫でなさい』

え?

恐る恐るツチノコを撫でさせていただきます。

あ、ツチノコじゃなくてやっぱり純平くんだった。

『さ、奥の椅子に行くぞ』

箱から出ちゃった純平くん。

ズルズルズル…

ドスン。

『さ、撫で係の膝に乗るから座りなさい』

はいはい、椅子に座りましたよ。

『よいしょ』

『こらしょ』

『どっこいしょ!』

『ふぅ、やっぱり撫で係の膝の上は落ち着くなぁ』

自分は重くて落ち着きませんけどね。

『ほら、早く俺様を撫でる!』

はいはい。

『たまらんなぁ』

うっとり顔になった純平くん。

膝に乗ったツチノコを撫でながら…
後編に続きます。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



7月下旬の休日。
昼呑みと猫散歩を兼ねてやってきたのは立石。
まずは丸吉玩具店さんにご挨拶すると…

純平くんが椅子に座っていました。

『おはよう撫で係!早い時間から俺様を撫でに来たんだな?』

いや、純平くんを撫でに来たわけではないのですが…

まぁいいや。
ご挨拶代わりに撫で撫で。

撫で撫で撫で…と。

はい、挨拶終わり!

おや?棚でサンペイくんが寝ていますね。

サンペイくん、おはようございます!

『むにゃむにゃ…あと5分寝かせて…』

あと5分って…
別に無理して起きなくてもいいんですけどね。

『そう…だね…ぐぅ…』

やっぱり寝ちゃったサンペイくん。

『撫で係、アホの相手なんかしてないでさ』

え?純平くん。
椅子から無理やりしゃがんでいる自分の膝に乗るんですか?

『う~ん…不安定だな』

『やっぱりやめておこう』

無理に膝に乗るのをやめた純平くん。
何故か椅子の上で偉そうにしていますねぇ。

あれ?サンペイくんが起きて移動し始めました。

店頭に出てきたサンペイくん。

看板猫のお仕事のようです。

サンペイくんでも絵になってしまうのは不思議ですねぇ。

あれ?サンペイくん。
そっちは花屋さんですよ。

『ご近所にも挨拶しておかないとね』

偉いですねぇ。
アホなりに考えているんですね!

『今アホって言ったでしょ』

はい、言いましたよ。

『アホって言う奴がアホなんだぞ!』

サンペイくん、お店の奥へ行ってしまいました。

『おい撫で係、俺様を…』
さて、そろそろモツ焼き屋さんに並ぶとしましょうか。
『撫で係~っ!』

この日のモツ焼き屋さん。
台風が来ると会って品は薄く、残っていたのはシロだけ。

でもしっかり組み立てて楽しんで呑んでまいりました♪
昼酒の後は、また丸吉玩具店さんに戻って純平くんの相手でもしてあげるとしましょうか。

と言う所で中編に続くのです。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



6月下旬の週末、呑み散歩猫散歩で立石に来ております。

昼呑みを楽しんで丸吉玩具店さんにまたお邪魔すると…
『俺様を置いて、また呑みに行ってたんだろ!』

純平くんが出迎えてくれました。

『さ、膝に乗るぞ』

さっそく乗ってきた純平くん。
撫で撫で撫で…

『ん?撫で係。何を読んでるんだ?』

あ、これですか?

ananの猫特集ですよ。

『ほう?俺様は載っているのか?』

純平くんは載っていないけど、Cat’sMeowBooksさんの猫さん達が出ていますよ~

『なんだ、俺様が出てないなら興味ないよ』

純平くん、膝から降りてレジ台へ。

グテ~っとなっちゃいました。

『おい、撫で係』

はい?

『写真撮っていないで早く俺様を撫でないか!』

偉そうな純平くん。

では撫で撫で。

他のお客さんがね。

『撫で係じゃなかったけど、気持ちよかったからいいよ』

純平くんは撫でてくれたら誰でもいいんですか?

『ぐぅ…』

あ、寝ちゃった。

『純平はしょうがないわねぇ』

おや、コバナさん。
そこでくつろいでらっしゃったのですか。

指を出してご挨拶してみましょう。

『お酒臭い指には興味ないから』

冷たい目で見られてしまいました。

『俺様は酒臭い指に興味あるぞ!』

あ、聞いてたのね。

んじゃお酒臭い指で撫で撫で。

『う~ん…たまらんねぇ』

気持ち良さそうな純平くん。

そのまま寝てしまいました。

では、寝ているうちに…
こっそり丸吉玩具店さんを後にするとしましょう。

丸吉玩具店さん、いつもありがとうございます。
またお邪魔しますね!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



6月下旬の週末。
昼呑みを楽しもうとやってきたのは立石。
まずは丸吉玩具店さんにご挨拶します。

お店に入ると、棚でサンペイくんが伸びていますねぇ。

『暑い時は伸びるのが一番だよ』

そうですよねぇ。
アホっぽいけど。

『撫で係、おはよう!』

あれ?純平くんがもう出てきましたよ。
膝に乗るかなと椅子に座ったら…

何故かレジ台に上がる純平くん。

今日は膝に乗らないの?

『こんな暑い日は膝よりも扇風機の前が一番だよ』

扇風機の前で伸びる純平くん。

『ほら、ここで俺様を撫でなさい』

はいはい、撫で撫で…と。

『よしよし、気分が乗ってきたぞ!』

立ち上がった純平くん。

デ~~~~ン!

気分が乗ったら膝にも乗るんかい!

『決まってるだろ!早く俺様を…そうそう』

撫でると気持ち良さそうなお顔の純平くん。

『また純平がろっちさんの膝に乗ってるよ』

おや?カケちゃん。こんにちは!

『相変わらず甘えん坊だねぇ』

スタスタ歩いていってしまったカケちゃん。

『暑いのに膝に乗るなんて…アホだよねぇ』

純平くん、アホにアホって言われてますよ~っ!

『アホじゃないから涼しいとこに移動するもんね』

またレジ台に移動した純平くん。

扇風機を独り占めしてゴロン。

肉球もパチリとしちゃいましょう。

『ほら、肉球なんか撮ってないで俺様を撫でる!』

はいはい、撫で撫でモフモフ…

あ、そろそろモツ焼き屋さんに並ばないと!
純平くん、またね!

と放置した所で…
丸良猫さんズ、後編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



6月中旬の休日。
やってきたのは立石の丸吉玩具店さんです。

『待っていたぞ撫で係!』

純平くんがさっそく出迎えてくださいました。

『よいしょ、よいしょ』

椅子に座ると自分の膝によじ登ろうとする純平くん。

『引っ掛かりが悪いなぁ』

純平くん、爪が痛いです!

『よいしょ』

ジャンプして登ってきた純平くん。

『ふぅ、落ち着くなぁ』

膝の上でまったり。
自分は重くて暑いですけどね。

『撫で係は黙って俺様を撫でていればいいんだよ』

はいはい、撫で撫で。

そう言えば純平くん。
なにか見せたい物があるって?
『あ、そうだった』

この雑誌だよ。

KKベストセラーズの雑誌・一個人ですね。

『ほらほら、俺様の写真がデーンと!』

デーンと膝に乗りながら偉そうに言う純平くん。

どれどれ?

おおっ!デーンとカケちゃんの写真が!
純平くんの写真は…小さいですねぇ。

『カケよりも俺様の写真を見なさい!』

はいはい。体は大きいけど写真は小さい、と。

『体は大きいは余計だよ』

『とにかく、お店が載っているこの雑誌を宣伝しておくように!』

はい、宣伝いたしました。

『よし、それでこそ俺様の撫で係だ!』

でもね、もう次の号が出ているので…
お買い求めは本屋さんで取り寄せるか、amazon等ネット書店でお願いします。

『なんだと!宣伝するのが遅い!』

純平くんに怒られてしまいました。

『ま、猫好きには楽しめる特集になっているから読む事を勧めておくようにな』

はい、皆さん読んでみてくださいね。

さて、本の宣伝と純平くんを膝に乗せるという用事も済んだし…

寝ているサンペイくんにご挨拶して…

お風呂に入りに行くとしましょうか。

丸吉玩具店さん、教えてくださって…
さらに雑誌をわけてくださってありがとうございました。
またお邪魔します!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



6月上旬の週末。
恒例の呑み散歩猫散歩でやってきたのは立石。
丸吉玩具店さんにご挨拶に伺うと…

『おはようございます』

サンペイくんがご挨拶してくださいました。

サンちゃん、朝から看板猫のお仕事えらいね!

撫で撫で撫で…

『今アホって思ったでしょ?』

え?思って…
いや、思ったけど、何でわかったの?

『アホって思う奴がアホなの!』

ジト目で睨むサンペイくん。

『サンペイの相手していないで、さっさと呑みに行ったら?』

コバナさん、そうですね。
アホの相手は疲れるから…

呑みに行くとしましょう!

もつ焼き屋さんで昼酒を楽しんで、再び丸吉玩具店さんにお邪魔します。

『撫で係!待っていたぞ~っ!』

箱に入っていた(?)純平くんに迎えられました。

『おいおい、どこに行くんだ?』

純平くん、たまには店頭で看板猫のお仕事しましょうね。

『俺様はいつも仕事してるぞ!』

うん、レジ台で寝ながらね。
たまには動き回ってちょっと痩せようね。

『しょうがないなぁ。ちょっとだけだぞ』

店頭で看板猫のモデルになってくれた純平くん。

と思ったら…

お~い、純平くん。
そっちは花屋さんだよ!

おもちゃ屋さんの看板猫ではなく、花屋さんの看板猫になってしまっています。

『撫で係がアレコレ言うからだよ!』

『早く俺様を膝に乗せなさい!』

はいはい、わかりましたよ。

お店の中に戻ってくると…
『そうそう、そこに座って』

はいはい、座りましたよ。

『よいしょ』

いつも通り膝に乗ってきた純平くん。

『うんうん、やっぱり撫で係の膝の上はたまらないなぁ』

満足顔の純平くん。

『でも…やっぱり暑いな!』

一通り撫でられたらレジ台に移動。
こちらも重くて暑かったのでホッとしましたよ。

レジ台に移動した純平くんを撫で撫で。

あらまぁ…気持ち良さそうなお顔で。

さて、そろそろ移動しましょうか。
『え?もう行くのか?』

はい、もう行きますね。

『ハシゴ酒なんだろ?呑み過ぎないようにな』

純平くんも食べ過ぎに気をつけてね。

丸吉玩具店さん、いつもありがとうございます!
またお邪魔しますね。
って、6月は何回かお邪魔したので、その様子はまた後日。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



5月の休日、立石の丸吉玩具店さんにおじゃましています。

レジ台から自分の膝を狙う純平くん。

『撫で係の膝に乗ろうかな…』

『でも乗ったら暑いからやめておくよ』

レジ台に戻っちゃった純平くん。
ホントにいいんですね?

『膝よりも扇風機の方がいいからなぁ』

あ、そうですか。

では、近くに居たサンペイくんにご挨拶しましょう。

『あっ!アホの相手するくらいなら俺様の相手を…』

君は扇風機の相手をしていなさいな!

『Cat’sMeowBooksさんの記事に乱入しちゃってゴメンナサイ』

いきなり謝ってきたサンペイくん。
あれは自分のネタだからいいんですよ。

でも、ちゃんと謝るなんていい子ですねぇ。アホとは思えないほど。

『えへへ』

照れるサンペイくん。

『アホの相手して何が楽しいんだか』

いいから君は扇風機の相手を…
してるか。

奥に居るカケちゃんも見に行ってみましょう。

椅子にデーンと横たわるカケちゃん。

『ちょっとだけなら撫でていいいよ』

いいんですか?噛まないでくださいね。

撫で撫で撫で…

『もっと敬って撫でなさい!』

痛い痛い!
やっぱり噛まれた…

カケちゃん、手に傷がついちゃったじゃないですか。
『え?その手…』

はい、ここにね。傷が…

『噛んでいいんだね!』

カケちゃん、痛い痛い!

『♪あなたが噛んだ 小指が痛い~』

サンペイくん、楽しそうに歌わないでくださいな。

『そろそろ呑みに行く時間じゃないのか?』

そうそう、呑みに行く時間潰しに猫さんたちに会いに来たのでした。
では行きますね。

丸吉玩具店さん、猫さん達、今回もありがとうございました!
またお邪魔しますね♪

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



5月の休日、やってきたのは立石。
丸吉玩具店さんにご挨拶すると…

奥の椅子でカケちゃんが寝ていました。

カケちゃん、こんにちは!
恐る恐る撫でさせていただきます。

『あ、撫で係!来たな♪』

自分の声を聞きつけ、純平くんが出てきました。

『純平!Cat’sMeowBooksさんの記事に乱入したでしょ!』

カケちゃんに怒られる純平くん。

『他のお店の記事に乱入するなんて、ホントにもう…』

お怒りのカケちゃん。

まぁまぁ、落ち着いてくださいな。

と撫で撫で。

『ろっちさんはなんで怒らないの?』

いや、それは…
自分の作ったネタですから…

『ネタで他のお店に迷惑かけないの!』

痛い痛い!
カケちゃん、すみません。
反省してます。

 

『ホントに反省してるのかねぇ?』

はい、反省して撫でさせていただいております。

『カケちゃんのことはいいから、純平をかまってやりな』

え?そうですか?しょうがないなぁ。
では純平くんを…

『カケに怒られた~っ!』

怒られちゃいましたね。

『撫で係、俺様を膝に乗せて癒やしなさい!』

はいはい、座りましたよ。

『よいしょ…』

ピョンと膝に飛び乗ってきた純平くんを撫で撫で。

『これこれ!撫で係が来たらこうじゃないとな』

撫でられてうっとり顔の純平くん。

『でも…膝の上は暑いなぁ』

レジ台に移動して扇風機を独り占めする純平くん。
乗られたこっちも暑いんですけどね。

『さて、涼んだから…』

立ち上がって再び自分の膝を狙う純平くんですが…
暑いからもう乗らないでくださいな。

と、お願いした所で…
後編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



呑み散歩猫散歩で立石へ。
モツ焼き屋さんで昼酒を楽しんで、丸吉玩具店さんに戻ってきました。

『おかえり』

サンペイくん、戻ってきましたよ。

『純平が待っているからかまってやれば?』

え?出てきてるんですか?

『待っていたぞ撫で係!』

そんな…ラオウみたいなセリフ言わんでください。

椅子に座った自分を見上げる純平くん。

ピョン!

重い体を物ともせず、飛び乗ってきた純平くん。

自分の膝を占拠します。

『これこれ、撫で係の膝はたまらん!』

撫でると、ヒゲを前に出してくつろぐ純平くん。

『純平、変な顔になってるよ』

店頭から見つめるカケちゃん。

『カケちゃんも挨拶しておこうかねぇ』

おや?こちらにやって来ますね。

『お控えなすって!』

えっと…カケちゃん?

『そのネタは前にやってるよ!』

純平くんからツッコミが入りました。

おっと、お客さんです。
膝から降りてくださいね。

降りた後は…お客さんがいるのにレジ台でくつろぎ始めた純平くん。

『ほれほれ撫で係。俺様の相手しなさい』

しょうがないですねぇ。

撫で撫で撫で…

『ほら、もっと撫でる!』

え?もっとですか?

『早く!』

パシッ!

パンチされちゃ撫でられませんよ。
と言いつつも撫で撫で。
純平くんも満足してくださったようです。

『満足してないけどな。移動するんだろ?』

はい純平くん。
また会いに来ますからね!

さて、話は変わって現在発売中の散歩の達人は立石特集。

見覚えのあるお店も紹介されていますよ!

ちゃっかり写ってる純平くん。
これでまた人気者ですね!
しかし…dancyuに引き続き雑誌の立石特集が続くと、しばらく立石が賑やかになっちゃうなぁ。
いいんですけどね。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。