» そこにいた猫のブログ記事


とある街を散歩中。
神社の裏に黒さんの姿を発見しました。

左耳カットの黒さんです。

『ん?あの人…何してるんだろ?』

写真を撮っているんですよ!

『写真だって!?』

そう、可愛いお顔を撮らせてくださいな。

『もう撮ってるじゃないか!』

柱の陰に隠れてしまった黒さん。
まぁそうなんですけどね。
ちょっとだけモデルになってください。

『モデルかぁ』

お?その気になってくれたかな?

『報酬はカリカリ?ちゅーる?』

いや、何も出ません。
出るとしたら…

『酒臭い指は要らないよ!』

先手を打ってきた黒さん。
奥へと行ってしまったのでございます。

黒さんが行ってしまったので、移動しようかと振り向くと…
そこは暗渠!

ここはニャン渠でもあったのでした。

暗渠を確認して歩き出すと…
今度はキジ白さんと黒さんにお会いしました。

香箱を組んでくつろぐ左耳カットの黒さん。

キジ白さんは爆睡中のようです。

もしも~し!

『気持ち良く寝ているんだから邪魔すんなよ!』

鋭い眼光で睨まれてしまいました。
では黒さんにお相手をしていただきましょうか。

『え?』

『こっちは相手する気なんかないんだけど』

ジリジリとバックしていく黒さん。

『日向ぼっこして気持ち良かったんだからさ、邪魔しないでよね』

こちらの黒さんにも避けられてしまった自分なのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある建物の横の歩道。
黒さんが座っていました。

『おや?見かけない人が来たね』

右耳カットの黒さん。
見事な円錐形です。

『ご飯の人…じゃないみたいだね』

はい、ご飯の人ではないのですが、写真を撮らせてくださいな。

指を出してご挨拶してみます。

『くんくんくん…』

この流れは…いつも通り…

『酒臭っ!』

やっぱり!

『何喜んでるんだよ!』

再び匂いを嗅ぎに来てくださった黒さん。

指をペロリ。

『不っ味~~~~っ』

え?お酒には気を遣っているから(どんな気の遣いようだ)不味くはないと思うんですがねぇ。

呆れてしまった黒さんを、撫でさせていただきます。

『おおっ!これは…』

ふふふ…気持ち良くてビックリしたでしょ?

『指から漂う酒臭さがたまらんぞ!』

ガクっ。
気持ち良すぎてたまらないのかと思ったのに。

『まぁそんなにガックリしないで、酒臭くないように撫でなさい』

はい。
では首を撫で撫で…

『やっぱり酒臭いぞ~~~~っ!』

怖い顔しないでください。

『だってさぁ、酒臭さは変わらないんだもん』

わかりましたよ。
わかったから、そんなに酒臭いを連発しないでくださいな。

『撫でられるのは気持ちいいんだけどなぁ』

そうでしょう、そうでしょう!

『うん、とても気持ちいい撫で方だよ。でもね』

でも?

『酒臭いんだよ~~~~~っ!』

う…今日はまだ呑んでいないんですけどねぇ。
昨日のお酒の匂いが残っていたかなぁ。

『あ、もしかして気を悪くした?』

いやいや、そんな事ないですよ。

『行灯油の匂いなら良かったんだけどねぇ』

ペロ~リペロリと油を舐めるような顔はやめてください。

『あ、失礼しました』

いっぱい撫でさせてくださった、人懐こい黒さん。
どうやら、ご飯待ちだったようです。
美味しいご飯をもらってくださいね!
そうご挨拶して黒さんとお別れした自分でございました。

明日の更新はちょっと遅れると思いますです。
申し訳ございません。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある路地。
白猫さんとお会いしました。

尻尾を立てて近寄って来ます。

『やぁ、こんにちは!』

鍵尻尾がハートに見えますね♪

早速撫でさせていただきます。

撫で撫で撫で♪

『もっと撫でて~っ!』

擦り寄ってくる白さん。

はいはい、撫で撫で…

『写真なんか撮ってないで撫でるのに集中!』

白さん、近い近い!

わかったからね。
と、撫で撫で撫で…

『写真撮っていないで集中して!』

だから近いってば!

撫でていると、ゴロ~ンとしちゃった白さん。

そのまま…

モフモフモフ♪

『気持ちいいねぇ』

自分の手を枕にして寝ちゃった。

そのまま撫で撫で撫で♪

『気持ちいいぞ~っ!』

撫でられながらゴロンゴロンする白さん。

そのまま撫で撫で撫で…

気持ちよすぎて、そのまま寝ちゃいました。

白さん、道路で寝ちゃったらダメですよ~

『あ、そうだね』

起き上がった白さん。
いっぱい撫でさせてくださってありがとね。

『こちらこそ、ありがとね』

見送ってくださった白さん。
縄張りの関係でしょうか?
ここから先は付いてこなかったのでございます。

人懐っこい白さん。
このあたりでお世話されているようです。
元気で過ごしてくださいね。
またお会いしましょう!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある川跡を散歩中。
マンションの入口に居る白さんとお会いしました。

尻尾がモップのように広がっている猫さんです。

『おや?誰か来たね』

指を出すと確認しに来てくださった白さん。
『くんくん…』

『う~ん…』

え~と…この流れは…

『酒臭っ!』

あ、やっぱり。

『あっちに行こうっと』

白さん、移動して座ってしまいました。

でも諦めない自分。

今度は新しい作戦、ゲンコツでご挨拶してみます。

頭をゴッツンしてきてくださいました♪

『違うよ。あんたがゴッツンしてきたんだろうが』

まぁそうなんですけどね。

白さん、尻尾を立てて再び移動。

自転車の横に陣取ります。

ここで落ち着くのかな?
と思ったら…

『やっぱり、ちょっと撫でてもらおうかな』

自分の方にやって来た白さん。

喜んで撫でさせていただきますよ!

撫で撫で撫で♪

『あ…気持ちいいねぇ』

満足して頂けたようです。

『ありがとう。ご飯前のいい暇つぶしになったよ』

モデル座りで見送ってくださった白さん。
通り掛かる方々が皆さん声をかけていたので、この辺の名物猫さんのようです。
毛並みもきれいなフカフカ白さん。
お元気でいてくださいね!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とあるお宅。
塀の上に猫さんがいらっしゃいました。

二匹とも三毛さんです。

じっと前を見つめる、柄の少ない三毛さん。

柄の多い三毛さんもジッと前を見ています。

門番さんでしょうか?

『あっ!知らない人が来た!』

『警戒態勢に入るぞ!』

軒に上がった三毛さんズ。

左右に分かれて、こちらを見つめます。

『う~ん…見れば見るほど面白い顔…いや、怪しい奴だ』

怪しくなんか無いですよ。
指の匂いで確認しますか?

『そんな物よりも、こっちの匂いの方がいいね』

スリスリする三毛さん。

『さぁ、監視システムロックオン!』

見つめられる自分。
怪しい者じゃないですよ。

『プッ…面白い顔!変な顔!』

あ、笑われた。
ふん、どうせ変な顔ですよ!

『いやいや、失礼。変な顔した猫好きに悪い人はいないよな』

変な顔は訂正してくれないんですね。

『とりあえずニャコムシステムを解除するか』

監視システムを解除してくださるようです。
良かった♪

でも、その頃、柄の多い三毛さんは…
『ミーケ隊員から報告!面白い顔の変な人間が…はい、報告に向かいます』

何やら連絡をしている様子。

『応援を呼んでくるからね!』

『逃げるんじゃないよ!』

塀の向こうに飛び降りてしまいました。

『あぁ遅かったか』

『もうすぐ応援が来るから、言い訳考えておいた方がいいよ』

え?応援が来るんですか?
やっぱりニャコムの猫さん?
ドキドキして待っていると…
出てきたのは、ご飯を持った方だったのでございました。

ご飯待ちだった三毛さんズ。
美味しくご飯を頂けたようです。良かったですね!

ここでまたまたお詫び。
年度末の忙しさが相変わらずでして、明日の更新は多分遅れます。
ご了承くださいませ。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある公園。
ベンチの後ろに黒白さんがいらっしゃいました。

ガリガリガリ…

爪研ぎをしているようです。

『ここは爪研ぎにはいいけど、ちょっと寒いな』

黒白さん、日向に移動します。

あ、ちょっと待って下さいな。

『え?呼んだ?』

はい、写真のモデルになってくださいな。

『モデル?』

はい、ちょっとだけポーズを。

『ゆっくり日向ぼっこしようと思ったのに…』

と言いながらもポーズを取ってくれた黒白さん。

『で…報酬は?』

報酬は…出ません!

『ケッ!』

『無駄な時間を取られちゃった』

柵をくぐって向こうに行ってしまった黒白さん。

回り込んで追いかけてみると…
地面を掘っています。

用を足した後でしょうか?

『あ、追いかけてきた』

『邪魔されないように向こうで日向ぼっこしようっと』

黒白さん、ゆっくりと歩いて姿を消したのでございました。

黒白さんが消えてしまったので歩き出すと…
今度はキジ白さんとお会いしました。
『ぼ~~~~~』

気持ち良さそうに日向ぼっこ中のようです。

今度は邪魔しないように、そっと立ち去る自分でございました。

その近く。
今度はサビ猫さんの姿を発見!

こちらはパトロール中でしょうか?

『おや?見かけない人が来たぞ』

『ちょっと様子を見てやろう』

自分をジッと見つめるサビさん。

『匂いも確認…』

鼻をヒクヒクさせています。
もしかして…

『このおっさん、酒臭いぞ~~~~っ!』

サビさん、走って逃げて行ってしまったのでございました。
ガックリ。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある街。
キジ白さんの姿を見かけました。

『次はあっちをチェックだ』

パトロール中のようです。

『おや?見かけない人が居るな』

『ちょっと確認しに行ってみよう』

『う~ん…お酒の匂いがプンプンするぞ』

『これは近寄らないほうが良さそうだ』

自分を避けて歩いていってしまったキジ白さん。

『この家は…異常なし!』

ねぇねぇ猫さん。

『なんだ?酒臭いおっさん』

いや、今日はまだ呑んでいないから酒臭くないはずですが…

『昨日遅くまで呑んだんじゃないのか?匂うぞ』

そうかなぁ?ちょっと確認してくださいよ。

指を出すと…
『くんくん…』

『やっぱ酒臭っ!』

うわっ!凄い表情!

『パトロールの邪魔しないでくれよな』

歩いていってしまったキジ白さん。

『さて、次は…』

『あっちのお宅でご飯を頂くとするか』

通りを渡って、とあるお宅へと消えていったのでございました。

写真を整理していた時は別のネタを思い浮かべていたはずなんですが…
いざ書いてみたら、やっぱり酒ネタになってしまったのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある神社に猫さんの姿が見えました。

この写真にも写っているのがわかるでしょうか?

こちらです。
受付の下に三毛さんがいらっしゃいます。

日陰だとお顔がよく見えませんねぇ。

露出を調整して無理やり撮ってみます。

まん丸の三毛さんですね。

日向に干してあるダンボールは三毛さんの寝床でしょうか?

『ん~~~~』

伸びをした三毛さん。

歩き出しました。

パトロール開始のようです。

日向でお顔をしっかり拝見できるかな?
と思ったら…

『見せてあげないよ』

また日陰に入ってしまい、しっかりと拝見できなかったのでございました。

別の日、この神社を再訪してみると…
『なんだ?あんたは』

白黒さんの姿を発見!
写真を撮らせてくださいな。

『写真?』

はい、モデルになってくださいね。

『モデルになるのはいいけど…』

いいけど?

『どうせモデル料は出なんだろ?』

あ、そのとおりです。
モデル料はの代わりにお賽銭を多く納めときますので勘弁してくださいな。

白黒さんにちょっとだけモデルになってもらい、三毛さんの姿を探すと…
箱の中でお休み中。

再訪した時も、お顔を拝見できなかったのでございましたとさ。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある路地。
塀の上に猫さんがいらっしゃいました。
『あ、誰か来た!』

ピョン!

スタッ!

ズボッ!

塀から飛び降りて柵をくぐるキジ白さん。

『よし、ここから落ち着いて観察だ』

『さて、このおっさんは何をしているのかな?』

猫さんを観察しようと思ったら、逆に観察されてしまいました。
観察されるのは趣味じゃないので、さっさと歩き出すと…

植木鉢の横に猫さんがいらっしゃいました。

『え?私はただの植木鉢ですが?』

いや、植木鉢じゃないでしょ!
どう見ても猫さんですよ。

『植木鉢ではないと見破るとは!』

『あんた、ただのおっさんじゃないな!?』

いや、ただの猫好きなんですけどね。

植木鉢のふりをしていた猫さんと別れ歩き出すと…
今度は物置の上に白い物が見えます。

猫さんのようですね。

『え?誰かに見られてる?』

起き上がった猫さん。

あっ!あなたは…
八の字眉のオッドアイさんではないですか!

もっと近くでお顔を…

『見せてあげないよ~』

塀の上を歩いていってしまった、八の字眉のオッドアイさん。

『もっとよくお顔を見たかったなぁ。なんて思ってるでしょ?』

え?
振り向くと、塀の上からさっきのキジ白さんが見ていました。

『誰か見てるぞ!猫が見てるぞ!』

しっかり観察されていたようです。
観察されるのは趣味じゃないので…ってさっきも言ったか。
とにかくさっさと歩き出す自分なのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



とある商店街を歩いていると、お店の横に猫さんの姿を発見!

『ん?お客さんかい?』

体を掻きながら挨拶してくれた茶白さん。
ちょっと写真を撮らせてくださいな。

『今、忙しんだけどなぁ』

毛繕いに忙しく、相手をしてくれません。

おや?奥から黒白さんがやって来ましたよ。

『どうしたの?』
『この人が写真撮らせてくれってさ』

『写真なんか撮られたくないねぇ』

おや?奥に麦わらさんもいらっしゃったのですね。

『黒白ならモデルになってくれるだろうから、頼んでみな』

茶白さんは取り付く島がありません。

では、黒白さんにお願いしてみましょう。

モデルになってくださいませんか?

指を出してご挨拶してみます。

おや?酒臭い指でも、匂いを嗅いでくださいましたよ♪

そのまま撫でさせて頂きましょう!

『あんた、なかなか気持ちいい撫で方するね』

つめみがきの上から立ちあがった黒白さん。

擦り寄ってきてくださったので、また撫で撫で♪

撫でていると…

ゴロ~ンとしちゃったので、もちろんモフらせて頂きます!

モフモフ…

モフモフモフモフ♪

『いやぁ、気持ちいいよ!』

『たまらんねぇ』

満足してくださったようです。

『あぁ、気持ち良かった!』

モフられた後は、ご飯の容器に向かう黒白さん。

『お腹が減ったから何かくださいな』

あんなにモフらせてくれた自分の事を完全に無視して、ご飯をねだるのでございました。

『黒白はいいモデルになっただろ?』

はい、ありがとうございます。
最後に、麦わらさんの写真も撮らせてくださいな。

『写真は嫌だって言ったでしょ!』

奥で座る麦わらさん。
自分を睨んで思いっきり拒否されたのでございました。

こちらの猫さん達。
近くのアパートに住んでいた方が可愛がっていた猫さん。
その方が亡くなり、今はこちらのお店でお世話しているそうです。
以前、看板猫さんがいらっしゃったこちらのお店。
この猫さん達も看板猫になっていくのかな?
元気で過ごしてくださいね!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。