» そこにいた猫のブログ記事


7月の週末。
とある猫寺に来ております。

境内で遊び回るチビキジさん。

『うん、ここがいいな』

何がいいのかな?見ていると…

バリバリバリ!

爪とぎをはじめました。

一心不乱に爪を研ぐチビキジさん。

『あの子はまだ落ち着かなくてねぇ』

チビキジさんを見つめるシンノスケさんを…

撫で撫で♪

おや?茶トラさんがこちらを見ていますよ。

君も撫でてほしいのかな?

『違うよ。暑苦しいオッサンだなぁって見てるだけ』

あ、そうですか。

おや?シンノスケさん達が手桶のチェックをしていますよ。

『お盆だからね。墓参客を迎える準備しなくちゃ』

お仕事に忙しい…のかな?

チビキジさんは手水舎のチェックのようです。

『うん、今日もかわいいぞ!』

いや、自分のチェックのようでした。

『さて…』

『こっちはどうかな?』

今度はちゃんと井戸のチェックをするチビキジさん。

『これでお墓参りの皆さんも安心だね』

チェック完了のようです。

『お墓の周りも綺麗にしなくちゃね』

墓地のチェックにでかけた猫さん達。
寺猫として墓参客を迎える準備に忙しくなってきたようです。
皆さん、お仕事ご苦労さまです。
また来月お会いしに来ますね。
お元気で!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



7月の週末。
早い時間にやってきたのは、おなじみの猫寺。

参道に猫さんがいらっしゃいますね。

よく見ると、横の溝の中にも猫さんが。

『暑苦しそうなオッサンが来たな』

ええ、暑くて汗ダラダラですよ。

『オッサンの相手は…シンちゃんがするよ』

え?

参道に寝転んでいるのはシンノスケさんでしたか。
『やぁ、おはよう』

寝転んだまま挨拶してくださったシンノスケさん。

ご挨拶に撫でさせていただきます。

あぁ…手を枕にして寝ないで~

『もう…うるさいですねぇ』

『気持ちいいんだからしょうがないでしょう』

撫でられながら舌をペロンと出すシンちゃん。

『何やってるの?』

おや?チビキジさんが顔を出しましたよ。

『遊んでるの?遊んでるの?』

自分の周りをグルグル回り始めたチビキジさん。

『こっちはいいからチビキジと遊んでやりな』

そうですか?

『ふぅ…』

寝ちゃったシンノスケさんから手を引いて…

チビキジさんを撫で撫で♪

そのまま遊んで…と思ったら…

『あっちで遊ぼうっと』

行っちゃいましたよ。

では、改めて溝にいるキジさんにご挨拶。
『シンちゃんが撫でられてたから指の匂いくらい嗅いでやるか』

匂いを嗅いでくださったキジさん。

『酒臭っ!』

あ、やっぱり。

でも、近づいてきて撫でさせてくださったキジさん。

気持ち良さそうなお顔を見ながら…
後編へと続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



7月中旬の週末。
まだ気温が上がらないうちに…と猫の広場にやってまいりました。

まろくんが木の根元で寝転がっています。

暑くて伸びちゃっている、まろくん。

『あ、ろっちさん…いらっしゃい』

起き上がった、まろくん。

こちらにやってきてくださいました。

『さぁ、撫でてくださいな』

うん、撫でるのはいいけど…
ご近所の方に貰った焼きカツオが鼻に付いてますよ!

『いいから撫でてくださいな』

はいはい、撫で撫で撫で…

撫でていると、いつもどおりゴロ~ン。

そのままモフモフモフ♪

暑いからかモフられるままの、まろくん。

『気持ちいいんですよ』

あ、そうですね。
うん。

手を投げ出しているまろくん。
握手しちゃいましょう!

『握手よりも撫でてよ』

はいはい、撫で撫で。

『気持ちいいですねぇ』

『まろ、気持ち良さそうね』

捨て千代母さんもやってきました。

母さんも撫で撫で♪

気持ち良さそうにしてくださいました♪

もっと撫でていたいけど…

だんだん暑くなってきちゃいました。
今回はここまでにして移動するとしましょうか。

『え?行っちゃうの?』

はい、ごめんなさいね。

『んじゃボクらも涼しい所に行こうっと』

まろくん達も風通しのいい場所に移動。
暑いですからね。涼しい場所でのんびり過ごしてくださいな。

先月の猫の広場の様子はここまで。
まろくん、母さん、また来月お会いしましょう!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



7月も今日で終わり。
月末にどの猫さんの写真を持ってこようかと思ったのですが、続き物になると月を跨いじゃうからなぁ。
どうせ跨ぐのなら…
と、6月に再度訪問した猫の広場の様子をお届けします。
写真ちょっと少なめですがご勘弁。

6月中旬、紫陽花と猫さんの写真を撮りたくて猫の広場へ。

まろくんがいらっしゃいました。

上の写真ではわかりにくいですが、左側の柱に寄りかかっています。
『あ、ろっちさん。いらっしゃい』

日差しが強くて日陰に隠れていた、まろくん。

こんにちはの撫で撫で。

ところでまろくん、ちょっとモデルになってくださいな。

『紫陽花と写真撮りたいんでしょ?しょうがないなぁ』

紫陽花の近くに移動してくれた、まろくん。

『はい、どうぞ』

モデルになってくださってありがとう!

『もういいかな?』

いや、もうちょっとお願いします。

『しょうがないなぁ』

紫陽花をバックにもう一枚。

まろくん、ありがとね。

お礼の撫で撫で。
でもまろくん、この日は暑かったからかゴロ~ンとはしてくれず…

モデルになった後は、捨て千代母さんに毛づくろいをしてもらいます。

そして広場の角でお休みに。

まろくん、モデルになってくれてありがとうございました。

今回は写真少ないけど、ここまで。
明日から8月で月も代わるので…
続けて猫の広場です!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



6月上旬の週末。
猫さん達が暮らす、とある猫寺に来ております。

『この子は遊び盛りなんで…邪魔してごめんね』

いやいやシンノスケさん。
猫さんを見ているだけでも楽しいですから!

『もっと遊んで!』

チビキジさんが、またまたじゃれ付いてきました。

この様子を本堂から見ていた黒さん。

『わたしゃ相手して欲しくないからね』

箱に入ってお休みになってしまいました。

チビキジさんが走り回って遊びに行ってしまったので…
再びシンノスケさんに相手していただきましょう。

ゲンコツを出すとゴッツンしてきてくれたシンノスケさん。

『チビは…居ないね?』

はい居ませんね。

『じゃぁ撫でてくださいな』

ゴロ~ンと横になって自分の手を引き寄せるシンノスケさん。

では、のんびり…モフモフ♪

『首も…そうそう…』

『あぁ…気持ちいいですねぇ』

撫でている自分も気持ちいいですよ♪

『今度は胸を…』

はい、モフモフモフ…

『シンちゃん、見っけ!』

チビキジさんが飛び込んできました!

シンノスケさんに襲いかかるチビキジさん。

遊びたくてしょうがないんでしょうねぇ。

『ガシガシガシガシ!』

シンノスケさんに馬乗りになるチビキジさん。

猫乗りかな?

『えいえいえいえい!』『もう…』

『いいかげんにしなさい!』

シンノスケさん、見事な巴投げ!

『もっと遊ぼうよ~』

『もうお昼寝の時間だから、おとなしくしてなさい』
『は~い』

シンノスケさん、お水を飲んで一休みのようです。

気がつけば長時間猫さん達に遊んでいただきました。
住職さんにも「ほんとに猫が好きなんですねぇ」と言われてしまった自分。
そろそろ移動するとしましょう。

猫寺の皆さん、お元気でお過ごしくださいね!
また…と言うか、次の週にもお邪魔してしまったのですが、その様子はまた今度。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



6月上旬の週末。
猫さん達が暮らす、とある猫寺に来ております。

本堂の前に出てきた尻尾の短いキジさん(シンノスケさん)

ようやく、ちゃんとご挨拶させていただきます。

 

撫で撫で撫で…

あぁ、落ち着きますねぇ。

撫でていると、ゴロ~ンと横になったシンノスケさん。

いつも通り、モフモフ開始です。

モフモフモフモフ…

『あ、シンちゃん撫でてもらってる!』

あ…チビキジさんが来ちゃった。

『一緒に撫でる~っ』

撫で撫で…ペロペロ…

自分と一緒に毛づくろいをするチビキジさん。

『あっちに誰かいる!』

別の猫さんに興味を惹かれて行ってしまいました。

『賑やかなのが居なくなったね』

そうですね。

では、思う存分モフりましょう!

モフモフモフモフ…

『やっぱり毛づくろいする~っ!』

また来ちゃったよ…

『ガブッ!』

あれ?噛み付いちゃった。

『カジカジカジ…』

チビキジさん、それは毛づくろいではありませんよ~

『あれ?なんか違った?』

うん、違うと思うんですが…

『でも楽しいよ!』『・・・・・・・』

シンノスケさんにじゃれ付いたままのチビキジさん。

『もう!邪魔!』

チビキジさん、シンノスケさんに振り落とされてしまったのでございました。

そんな猫さん達の様子を見ながら…
猫寺シリーズ、もう一回続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



6月上旬の週末。
猫さん達が暮らす、とあるお寺に来ております。

ゴロ~ンとしたチビキジさんを撫で撫で♪

『なかなか気持ちいいよ、うん』

上から目線の言い方ですが、気持ちいいならいいでしょう。

どのくらい気持ちいいのですか?
『ギャラクティカ…』

え?

『マグ…』

ま…まさか…
チビキジさんがあのパンチを?

『ナ~ム!』

うわ~っ!
ウォシュレットでケツの穴は洗っている自分ですが、吹っ飛ばざるを得ません!

って、ギャラクティカマグナムを出すほど気持ちいいって事ですね?
『なに?それ?』

世代的にもうわかりにくくなっている、リンかけごっこはもうやめましょうね。
うん。

『それより、この丸いのが気になるんだけど…』

チビキジさん、近い近い!

『美味しいかなぁ?』

レンズに鼻がくっついてる!
舐めちゃダメ~っ!

『美味しくなかったぁ』

そうでしょ?食べ物じゃないんだから。
レンズを拭き拭き…と。

『じゃぁこっちはどうかな?』

どうかな?ってあなた…

『カジカジカジカジ…』

自分の手をかじらないでくださいな。

『う~ん…』

あ、考え込んじゃった。

『この手、お酒臭いよ』

そうでしょう、そうでしょう!
って、まだお酒臭くないですよ!
まだ…ね。

『こんなお酒臭い手、退治してやる!』

痛い痛い!
本気で噛まないで!

『あ、痛かった?ごめんなさい』

うん、噛むなら甘噛みにしてくださいね。

おや?シンノスケさんが本堂前に登場です。

シンノスケさんに相手してもらって心を落ち着かせ…

『まだまだ遊ぶよ!』

またチビキジさんが乱入。

『ほらほらほら!』

だから近すぎるって!

またまたカメラのレンズを拭きながら…
次回へと続くのでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



6月上旬の週末。
猫散歩にやってきたのは、おなじみとなったとあるお寺。

参道を歩いていると、早速猫さん発見!

こちらに歩いてきますね。

キジさん、おはようございます!
『知らない人と関わりたくないなぁ』

歩いてきたキジさん。

自分の横をダッシュで通り過ぎます!

『あっちでのんびりしようっと』

このキジさん、入口の方へと行ってしまいました。

キジさんを見送って本堂の前に行ってみると…
人懐こいチビキジさんがいらっしゃいました!

おはよう!
指でご挨拶した後…

さっそく撫で撫で♪

そしてモフモフ♪

『ねぇ、そのカシャカシャ鳴るの気になるんだけど』

これはカメラですよ。

『カメラってなぁに?』

これで写真を撮っているんです。
ってチビキジさん、近い近い!

『あのおじさん、なにやってるんだろう?』

おや?黒さん。
一緒に撫でられませんか?

『ん…遠慮しときます』

首を伸ばして観察だけの黒さん。

『もっとかまってよ!』

チビキジさんがまた突進してきました。
しょうがないですねぇ。
では…と思ったら…

人懐こい尻尾の短いのキジさん(シンノスケさん)にガブリ!

『シンちゃん、遊んで!』

シンノスケさんは迷い込んできたチビちゃん達の面倒を見て育て上げたんだそうです。
だからチビキジさん、いつも一緒にいるんですね。

『シンちゃん遊んでくれない…』

『ねぇ遊ぼうよ』『あのおじさんに遊んでもらいな』

え?こっちに振る?

『じゃぁおじさん、遊んで!』

わかりましたよ!

と、チビキジさんをモフり始めた所で…
次回に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



週末の猫散歩。
とある神社にやってまいりました。

横の公園のベンチに猫さんがいらっしゃいますね。

神社猫(と言うか地域猫)のリンちゃんです。

リンちゃん、こんにちは!

指を出してご挨拶した後…

撫でさせていただきます♪

『はっ、思わず気持ちいい顔してしまった』

いやいや、もっと気持ちよさそうなお顔を見せてくださいな。

撫で撫で撫で…

『とりあえず撫でるのはいいから』

向こうを向いてしまったリンちゃん。
しつこかったかな?

と思いつつ…神社をバックにパチリ♪

これぞ神社猫!って写真が撮れました。

『モデルがいいからね』

え?

『モデルがいいからでしょ?』

はい、そのとおりです!

モデルになってくださってありがとうございます!

お礼の撫で撫で。

今度も気持ちよさそうなお顔を見せてくださいました♪

続いて耳も撫で撫で。

『あ~…そのくらいでいいかな』

リンちゃんからストップがかかってしまいました。
モデルになってくださって、さらに撫でさせてありがとうございます。

お礼を言って神社を後にした自分。
神社の次は…お寺に行くとしましょうか!
という訳で次回からは神社猫さん達のご紹介です。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



6月の週末、猫の広場に遊びに来ています。

おや?まろくんが奥の路地に出ていきますよ。

付いて行ってみましょう。

裏の路地には、別の黒猫ミッキーさんがデーン!

『まろなら向こうにいるよ』

教えてくださったミッキーさん。

あ、まろくんと捨て千代母さんがお水を飲んでいますね。

『暑くなってきたから、お水が美味しいね』

『いっぱいお水飲まないと病気になっちゃうからね』

『ふぅ、ごちそうさま』

お水を飲んだ後、ポーズを取ってくださった捨て千代母さん。

ミッキーさんはこのあたりでは最年長。

まろくんや母さん、ご近所の飼い猫さんの面倒を見る親分さんです。

ミッキーさん、偉いですねぇ。

撫で撫で撫で。

『それほどでもないけどね』

舌を出して照れるミッキーさん。

そのまま撫でさせていただくと…

気持ちよさそうなお顔を見せてくださいました♪

『撫でてくれてありがとう』

いやいや、こちらこそありがとうございます。

『おや?ご近所の猫が散歩に来たよ』

え?ホントだ。

リードを付けてお散歩に来た銀色猫さん。

飼い主さんの許可を貰って写真を撮らせていただいたのですが…
ビックリして逃げ出し体勢。

『指がお酒臭いからビックリしたんじゃないの?』

ミッキーさん、それは言わないでくださいな。

まろくん達は広場に戻ってまったり。

自分も広場を後にするとしましょう。

猫の広場の皆さん、今回もありがとね。
また会いに来ます。お元気で!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。