2021年11月11日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

岩の湯さんに入浴後、電車を乗り継いでやってきたのは江古田。
赤茄子さんにお邪魔します。

長い緊急事態宣言が明け、久しぶりの訪問です。

お店に入りカウンターに座ると…
『いらっしゃいませ!』

ちーちゃんが常連さんに抱っこされてご挨拶です。

『もっとポンポンしてください』

この常連さんに腰ポンポンされるのが大好きな、ちーちゃん。

満足した後はソファー席に移動したお休みです。

ホールマネージャーの仕事をしなくていいんですかねぇ?

『いらっしゃいませ』

続いてご挨拶してくださったのは、のんちゃん。

指を出してご挨拶しますが…
『匂いは嗅ぎませんよ』

あれ?いつもののんちゃんとは違う反応。

でも撫でさせていただきますね。

キャットタワーでお休みしているのはマコちゃん。

『さ、ご挨拶が終わったら席で呑んでくださいね』

はい、のんちゃん。

『さ、早く座って!』

タビちゃん、ご挨拶よりも酒を呑めと。
ま、呑むんですけどね。

写真を撮り忘れた生ビールの後に、ハイボールをグビリ♪

アテにはマカロニサラダをいただきます。

『マスターに甘えに来たけど…』

マコちゃんがカウンター席にやってきました。

『忙しそうだなぁ』

マスターに構ってもらえずグテ猫になるマコちゃん。

『マスターに構ってもらえなくてもお客さんが居るからいいんだ』

マコちゃん、嬉しい事いいますね。
でもね、そこは自分が座っていた椅子なんです。

『違うよ。これはボクの椅子だよ』

『ろっちさんが座っていた所に乗りたかったんだ』

ウィンクするマコちゃん。
嬉しいですねぇ。
でも…マコちゃんに椅子を取られて座れないから…
立ち呑みをして、次回に続くとしましょう。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。