2020年12月5日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

10月下旬の週末。
立石のモツ焼き屋さんで昼呑みを楽しんで…

丸吉玩具店さんに戻ります。
『撫で係、遅いぞ!』

さっそく膝に乗ってきた純平くん。

『うんうん、たまらんなぁ』

ヒゲをビンビンに前に出して撫でられる純平くん。
モツ焼き屋さんに行く前もそんな顔してたよねぇ。

『撫で係の膝の上は何度乗ってもいいからね』

何度も乗られたら、こっちはたまらんのですが…

『あぁ…気持ちいい…』

聞く耳持たずの純平くんは膝の上を堪能。

『さ、ちょっと仕事するか』

レジ台に移動した純平くん。

『さぁ、可愛い俺様を撮りなさい』

あれ?仕事ってお店番じゃなくて…

『モデルに決まってるだろ!』

モデルねぇ。
しょうがないからシャッターをパシャパシャ。

あ、珍しく可愛いショット!

『珍しくとはなんだ!』

『また膝に乗って欲しいのか?』

こっちに来てしまいました。

いやいや、そろそろ移動しますからね。

熟睡しているサンペイくんにご挨拶して…

丸吉玩具店さんを後にするとしましょう。

『次は銭湯だろ?』

よくおわかりで。

『向こうの猫にもよろしくな』

はいはい。
よろしく言っておきますよ。

丸吉玩具店さん、今回もありがとうございました。
皆さん元気でお過ごしください!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。