2020年12月10日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

10月下旬の週末。
お昼は暗渠散歩をして、仕上げの呑みにやって来たのは新橋。
家庭料理てまりさんにお邪魔します。

お店に入ると、猫さん達が椅子で寝ています。

空いている所に座ればいいんですね。
ソーシャルディスタンス!

席に座って生ビールと肉巻きをいただきます。

『いらしゃいませ』

コツブさんが起きてご挨拶に来てくださいました。

『撫でてくださいな』

コツブさんの腰をポンポン。

『もっとです!』

はいはい。
興奮して噛まれないように注意しながら腰をポンポン。

マスターに膝の上にはシーちゃんでしょうか。

まったりとくつろいでいますねぇ。

『ねぇ、もっと撫でてよ』

かまってちゃんのコツブさんの攻撃をかわして、他の猫さん達を見に行きます。

猫若丸の箱の中にはトラちゃん。

ぐっすりとお休み中です。

上から覗いてみました。

『パシャパシャうるさいから目が覚めちゃったよ』

起こしてしまいましたか。
ごめんなさい!

別の箱にイチくんが入ろうとしています。

ピョン!
箱に入ったイチくん。

中にはすでにパンツくんが寝ていて…

みっちり状態ですねぇ。

『いらっしゃいませ』

入り口で寝ていたハルちゃんが目を覚ましました。

マスターに甘えるハルちゃん。

『あ、いらっしゃいませ!』

来店された常連さんにもご挨拶。

猫さん達にご挨拶してお酒を呑んで…
後編に続くといたしましょう。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。