2020年12月21日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

11月中旬の平日。
午後イチに健康診断を受診して、その後はお休み。
となれば、当然立石に足が向かいます。

久しぶりに平日のモツ焼き屋さん。

平日しか味わえない部位をいただきます。

いろいろもっと食べたいけど…
自分で決めた2000円縛りでおかず7皿と梅割り3杯で終わり。

ごちそうさまでした!

昼呑み後は丸吉玩具店さんに向かいます。
こんにちは!
あれ?

サンペイくんは不思議な寝相で寝ていますねぇ。

『あ、ろっちさん。こんにちは』

まん丸お目々で寝ぼけながらご挨拶してくださったサンペイくん。

『純平はすぐに出てくるよ』

サンペイくんの写真を撮っていると…

『撫で係!平日なのに来るなんて聞いてないぞ!』

純平くんが出てきました。

『さぁ早く俺様を膝に乗せなさい!』

さっそく自分の足に手をかけてくる純平くん。

膝に乗ってご満悦の表情です。

『うんうん、気持ちいいねぇ』

ヒゲをビンビンに前に出し撫でられる純平くん。

『たまら~ん!』

変な顔になってしまっています。

『変な顔ではない!』

はいはい、可愛いんですね。

『先に言うなよ…』

膝の上の撫で撫でを堪能した純平くん。

レジ台に移動します。

あれ?純平くん。
すぐ近くにあるのは…

『ん?ハサミだけど?』

純平くんとハサミ…
馬鹿と鋏は使いようってやつですね!

『ハハハ…上手い事言うなぁ』

『って誰がバカだって?』

あ、気がついちゃった。

『だ・れ・が、バカだって?』

それは言うまでもなく…

『バカって言う奴がバカなんだからな!』

ガリガリと爪を研ぎ始めた純平くん。

そんな純平くんを眺めながら…
後編に続くのでございます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。