2020年12月12日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

11月の週末。
お散歩した後、お風呂に入って汗を流そうとやって来たのは西荻窪の天狗湯さんです。

店内に入ると…
看板猫のテンさんがいらっしゃいます!

椅子にデーンと乗るテンさん。

『デーンとはなんですか!』

体重が7キロあるというテンさん。
デーンと言うのが合っていますよねぇ。

指を出してご挨拶してみましょう。

微動だにしないテンさん。

フロントに許可をいただき撫でさせていただきます。

気持ちよさそうにしてくださったテンさん♪

もう一匹、グーさんはフロントの籠に入っていました。

『いらっしゃいませ』

ご挨拶してくださったグーさん。

こちらもフロントの許可を頂いて撫で撫で♪

『猫もいいけどお風呂を楽しんできてくださな』

そうですね、テンさん。
では、お風呂をいただきますね。

41度の気泡風呂、39度のミルク風呂、43度の深風呂、そして水風呂を交互浴してのんびりお風呂に浸かります。
気持ちよかった~。
サッパリした~。
お風呂から上がってくると…

テンさんはお休み中。

完全に熟睡していますねぇ。

寝ているお顔をパチリ。

肉球も撮っちゃったりして♪

『あんまり近づくと起きちゃいますよ』

グーさんに注意されてしまいました。

そのグーさんもお休みに。

お風呂で体がほっこり。
テンさんとグーさんにお会いできて心もほっこりいたしました。

テンさんグーさん、ありがとうございました。

二匹にお会いできて嬉しゅうございました!
天狗湯さん、今回もいいお湯をありがとうございました!

さて、お風呂上がりのビールを呑みに行くとしましょうか。
天狗湯さんからなら行くのはやっぱり…

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。