2020年12月14日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

11月の週末。
西荻窪のバングラディシュ料理ミルチさんにおじゃましております。

お食事を終え椅子を見つめる看板猫ちゃいろさん。

相席してくださるのでしょうか?

『どうしようかなぁ』

『やっぱりやめようかなぁ』

『でも、ここだけ空いているしなぁ』

椅子を見つめ続けるちゃいろさん。

ぜひ相席をお願いします!

ほらほら!

指を出して誘導してみると…

『撫でてくださいな!』

またスリッと舞いに来てしまいました。

舞い終えたちゃいろさんは入口の方へ。

今度はお客さんの上着チェックです。

『ふぅ、今日もいい仕事しました』

ちゃいろさん、階段の隙間を通って…

寝床に入ります。

『これから休憩時間です』

え?そうなんですか?

『いっぱい舞いをしたから一休みですよ』

今回はいっぱい接客してくださいましたからね。

『ちゃいろはここでお休みしながらお客様を迎えるのです』

完全におやすみモードに入った、ちゃいろさん。

『ほら、お料理ができたみたいですよ』

あ、豆カレーと卵焼き、ポテトサラダがセットのベンガルプレートができました。

お値段も手頃で美味しいんですよね♪

食べ終わってちゃいろさんを見ると…

毛布にくるまっています。

こうなるとしばらくは出てきませんね。

お休みになるちゃいろさんにご挨拶して、ミルチさんを後にするとしましょう。

ミルチさん、今回もありがとうございました。
またおじゃまします。
ごちそうさまでした!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。