2020年12月24日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

11月の休日。
狛江・お湯どころ野川さんで昼風呂でのんびり。
風呂上がりに看板猫うるめ姐さんを肴に缶ビールを呑んでおります。

『あそこに居ても何も貰えないわ』

フロントに移動した姐さん。

『お客さんが来たからお仕事しましょうか』

『いらっしゃいませ!』

フロントに乗ってお客様を迎える、うるめ姐さん。

『今日はラベンダーの湯が男湯ですからね』

しっかりお仕事していますねぇ。

『看板猫だから当たり前でしょ!』

失礼いたしました。

『これだけお仕事したから、そろそろご褒美が出てきても…』

何やら期待する姐さん。

『出たっ!おやつ!』

おやつをめがけてフロントから飛び降ります。

『早くちょうだい!』

おやつを見上げてニャァニャァ鳴く姐さん。

『早く!早く!』

『ねぇ、まだ?』

ジッとおやつの小袋を見つめ続けます。

女将さんのご厚意で、自分の手でおやつをあげさせていただきますね。
『誰でもいいから早くちょうだい!』

うるめ姐さん、実は結構食いしん坊なんだそうです。

『美味っ!』

おやつを食べ続ける姐さん。

カリカリカリカリ…

『ふぅ、美味しかった!』

おやつを食べ終わった姐さん。
フロントに上って一休み。

『あ、もう帰るの?』

え?あぁ…はい。
そろそろ移動しなくちゃいけませんね。
って、おやつもらったらそれかい!

『ありがとうございました。またお越しください』

フロントから見送ってくださった、うるめ姐さん。

今回は大好きなラベンダーの湯の露天風呂で煙突を見上げながら入浴できたし、うるめ姐さんにも接客していただいたしで大満足でございました。
お湯どころ野川さん、いつもありがとうございます。
いい風呂でした!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。