2020年12月22日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

11月中旬の平日。
健康診断の後に昼呑み。
その後、丸吉玩具店さんにお邪魔しております。

レジ台で毛づくろいする純平くん。

ペロン♪

変顔写真いただき!

左手も変な姿勢でペロペロ舐めて…

『さて、また…』

また…なんでしょう?

『膝に乗るぞ!』

再び膝に乗ってきた純平くん。

くつろいでいますねぇ。

『さぁ、また俺様を撫でなさい!』

はいはい。
撫で撫で撫で…

『気持ちいいなぁ』

うっとり顔の純平くん。

『ちょっと寒くなったからストーブの前に行くぞ』

膝の上からストーブの前に移動した純平くん。
そこに行くのはいいけど、焦げないように気を付けてくださいね。

『焦げ?なんだそれ?』

ほら、いつもストーブに近づきすぎてお焦げ作っているでしょ!

『そんな物作ってないぞ!』

『何をバカな事言っているんだ?撫で係は』

あれ?

『純平はおバカで鈍いから、お焦げ作っているのに気が付かないんだよ』

『なんだと?アホにバカって言われたくないね!』

『アホって言う奴がアホ…むにゃむにゃ…』

お決まりのフレーズを言う途中で寝ちゃったサンペイくん。

『まぁいいや。俺様も寝ようっと』

棚に入っていった純平くん。

そのままお休みのようです。

自分の撫で撫でにも満足したようですから、移動するとしましょう。

丸吉玩具店さん、ありがとうございました。
寒くなりましたが、皆さんお元気でお過ごしください!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。