2020年12月11日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

10月下旬の週末。
新橋の家庭料理てまりさんで晩酌を楽しんでおります。

『撫でて撫でて!』

右に座るコツブさんを撫で撫で。

左にはエビちゃん。

こちらも撫で撫で♪

キクちゃんは常連さんの膝の上でくつろいでいます。

あ、そのまま寝ちゃった。

『今日はあまり食べてないんじゃない?』

コツブさんに突っ込まれてしまいました。

では、揚げ物をいただきましょう!

常連さんと一緒に、ですけどね。

あれ?キクちゃんが別の常連さんの膝に移動しましたよ。

キクちゃん、その膝の上は危ない!
その常連さんは…

妖怪猫吸いです!

吸われてる!キクちゃんが吸われてる!

あぁ…キクちゃんがグッタリしてしまった!

そのまま寝てしまったキクちゃん。

吸われすぎてない?大丈夫?

なんて心配していると、パンツくんがノコノコ歩いてきたのですかさずキャッチ!
『あ…捕まってしまいました』

当然、お約束のヤラセ写真の時間です。

『また今日もコレですか』

はい、コレです。

『もう写真はいいんじゃないですか?』

右手でカメラを押しやるパンツくん。

ヤラセ写真の後は、膝の上でそのまま寝ちゃいました♪

『ねぇ、そろそろ閉店なんだけど』

コツブさん、もうそんな時間ですか。

『今日もありがとうございました』

ダン吉さん、今回は構えなかったけど次回はよろしくね。

ご飯を食べる猫さん達にもご挨拶して…

てまりさんを後にするとしましょう。

今回も楽しゅうございました。美味しゅうございました。
てまりさん、ごちそうさまでした!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。