2021年7月6日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

西荻窪駅近くのミルチさんでカレーを食べた後、向かったのは銭湯。

天狗湯さんに入浴です。

下足箱に履物を入れて中に入ると、カウンターに看板猫テンさん&グーさんが!

グーさんがテンさんの毛づくろいをしています。

『いらっしゃいませ』

ご挨拶してくださったグーさん。

今度はテンさんがグーさんを毛づくろい。

グーさんがお返しの毛づくろい。

テンさん&グーさんは仲良し兄弟ですねぇ。

グーさんをペロペロ舐めるテンさん。

仲の良い二匹を許可を頂いて撮りまくります。

一旦離れて自分の毛づくろいを始めたテンさん。

グーさんはフロント業務に勤しみます。

並んでお客様を迎える看板猫さんズ。

許可を頂いて、ちょっとだけグーさんを撫でさせていただきました♪

『さ、お風呂に入りに来たんでしょ』

そうでした。

『どうぞごゆっくり』

はい、グーさん。
のんびり浸かってきますね。

『男湯はこちらですからね』

案内してくださったテンさん。

『ごゆっくりどうぞ』

ありがとうございます。

テンさん&グーさんに案内されて脱衣所へ。
ミルク風呂、中温風呂、高温風呂、水風呂を行ったり来たりしてのんびり交互浴。
気持ちようございました♪

お風呂上がりにはテンさん&グーさんの姿は消えていましたが…
休憩スペースにこんな写真集を発見。

この写真集を見ているだけでも癒やされますねぇ。
風呂上がりに更にホッコリしたのでございました。

天狗湯さん、ありがとうございました。
今回もいい風呂でした!
(許可を頂いて撮影しています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。