2021年7月12日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

6月上旬の休日。
ランチにやってきたのは武蔵新田。
はやちゃんちにお邪魔します。

『あら、いらっしゃい』

ご挨拶してくださった看板ホステスのバサラさん。

早速バッグの匂いチェックです。

『あ、そうだ!大事な事があるの』

え?バサラさん。どうしたんですか?

『ママ!アレ渡してあげて!』

え?何か頂けるんですか?

はやちゃんち2周年記念グッズ!

なんとバサラさんがプリントされたエコバッグを頂きました♪

しっかりバサラさんの名刺付きです。

バサラさん4歳の記念グッズでもありますね!

バサラさんと一緒にパチリ。

『ちゃんと使いなさいよ』

はい、使わせていただきますよ。

と言いながらバサラさんを撫で撫で♪

『え?急に撫でるんじゃないわよ』

とか言いつつおとなしく撫でられていますが。

『ろっちさんは次郎の相手でもしてなさいな』


え?常連さんの次郎くんですか?

でも…気持ち良さそうに寝ていますからねぇ。

やっぱりバサラさん、相手してくださいな。
『毛づくろいはじめたから忙しいの!』

ゆっくりと毛づくろいを始めたバサラさん。

脚をペロペロ。

お腹をペロペロ。

脚をピンを立ててペロペロ。

『今宵の斬鉄剣は一味違うぞ』

バサラさん、その脚はこんにゃく以外なんでも切れるんかい!
とツッコんで…
中編に続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。