昭和湯 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

日曜日。
看板猫さんが代替わりをしたと聞いて、ちょっと遠出して昭島市の昭和湯さんの朝風呂に入りにやってきました。

昭島市の豊富な地下水を使用したお風呂。

創業60周年の歴史ある銭湯です。

地下水を沸かした柔らかいお湯のお風呂でのんびり♪
水風呂がまた気持ちよかったですねぇ。

お風呂上がりは昭和湯さんの名物コーヒー牛乳をいただきます。

コーヒー屋さんが作る「焙煎コーヒー牛乳」は大手メーカーとは違う美味しさがあります。

看板猫さんに乾杯!

看板猫こまちゃん、こんにちは!

『にゃぁ」と鳴いてご挨拶してくださった、こまちゃん。
撫でさせていただきます♪

首筋も撫で撫で♪

『なんか気持ちいい撫で方…』

満足してくださったような、こまちゃん。

手を出してリラックスポーズです。

こまちゃん、フロントの奥の棚で寝ている時もあるようです。
次回訪問時に色々お話を伺おうと思います。

昭和湯さん、凄いこまちゃん押し!

Tシャツも販売中だそうですよ!

薪で沸かす地下水は、とても柔らかで気持ちよかったです。

昭和湯さん、またお湯とコーヒー牛乳、こまちゃんを楽しみにお邪魔します!

参考
さくらいまさんのTOKYO銭湯物語コミック編

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

休日の猫散歩。
汗まみれで歩き疲れた体を癒やそうと、やってきたのは昭島市の昭和湯さんです。

カランの数は24個と広い浴室。
井戸水を薪で沸かしたお湯はとても柔らかく、熱いお風呂でものんびり浸かれます。
岩風呂の薬湯もいいですねぇ。
ボディソープ、リンスインシャンプーも備え付けられているので、タオル一本で入れます。
日曜日には朝風呂もやっているそうですよ。

お風呂あがりに、コーヒー屋さんが作っていると言う「焙煎コーヒー牛乳」をいただきます。

コーヒー味の牛乳というよりもカフェオレ!
これは美味しゅうございます。
ちなみに、コーヒー屋さんの気分によって毎日使うコーヒーの味が変わるそうなので、通って日替わりで飲んでみたいですねぇ。

さて、昭和湯さんには看板猫さんがいらっしゃるので、写真を撮らせて頂きましょう。
「猫の写真撮っていいですか?」
許可を貰って黒猫さんに近づくと…
なんとぬいぐるみ!
罠にハマってしまいました!
(ぬいぐるみの写真撮るの忘れた…)

大笑いしたご主人。
「こっちにいるよ」と案内してくださいました。

看板猫のクロさん(♀)です。
13年前に住み着いたというクロさん。
その頃もう体が大きかったので、推定で14歳位なんじゃないかというお話です。

『ん?取材なの?』

伸びをして、自分の方にやってきてくださったクロさん。

ご飯の前でポーズを取ってくださいました。

『こう言う角度もいいでしょ?』

猫雑誌にも何度か載っているそうで、取材慣れしていますねぇ。

『ほら、撫でてもいいわよ』

ありがとうございます。
撫で撫で撫で…

クロさんの写真を撮りながら、撫でさせていただいて…

昭島の水のお話、銭湯のお話、ご主人といっぱいお話をさせていただきました。
昭和湯さん、ありがとうございました!
また一風呂浴びに行きますね!

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

・銭湯情報
昭和湯
東京銭湯の昭和湯紹介ページ
昭島市玉川町4−3−7
定休日 月曜
営業時間 15:00−23:00 日曜は8時~11時30分も営業

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。