Cat's Meow Books | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

12月中旬の週末。
三軒茶屋駅で招き猫電車に遭遇!

発車前の招き電車の横を通って歩いて行きます。

西太子堂駅で追いついて…

猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにやってまいりました。

2階に見える猫の置物の影が素敵です。

奥の猫店員さんスペースに入ると…
猫店員専用デスクに読太さん。

さつきさんはちぐらの中でお休み中のようです。

『ろっちさん、いらっしゃい!』

あれ?さつきさん。
出てきてくださったんですか?

『今日はどんなご本を買われたのですか?』

椅子によじ登りながら聞いてきた、さつきさん。

今日は猫びよりの1月号を買いましたよ!

ご挨拶代わりに腰ポンポンしながら答えます。

 

『猫びよりは次号から季刊になるんですよね』

あれ?猫本の話だとちゃんと聞いているんですね。
しかも解説まで!

『猫本屋の猫店員だから、当たり前です!』

『ねぇ?読太も詳しいもんね!』
『え~っと…』

宙を見つめる読太さん。
読太さんは自信無しかな?

『もっと腰ポンポン…そうそう!』

腰ポンポンされてゴキゲンなさつきさん。

さつきさんをなでながらビールを呑んで猫びよりのページを捲り…
まったりとしいい時間を過ごしました♪
そろそろ帰りましょうか。

そう言えばチョボ六さんは?
本棚の穴からチラリと何か見えますよ!

チョボ六さんが本棚の猫スペース(通称・宇宙船)でお休みされていたでした。

最後にチョボ六さんにもご挨拶できて満足!
キャッツミャウブックスさんを後にするとしましょう。
今回もありがとうございました!
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

11月の土曜の晩。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにやってまいりました。

この日はイベント”絵描きと歌人と本屋の猫ばなし”が開催。

猫歌人の仁尾智さんとイラストレーターの小泉さよさん、ニンゲン店主の猫トーク。
キャッツミャウブックスさんがオープンした2017年から毎年行われているイベント。
ここ数年はオンラインで開催されましたが久々の店内でのイベントとなります。
オンラインで聞いた時がとても面白くて、つい参加してしまいました。
今回はご時世もあってドリンクは無し。
ちなみに自分、”絵描きと歌人と本屋の酔いばなし”と間違って覚えていたので、ちょっとガッカリです。

仁尾さんのにおみくじのお話や小泉さんの愛猫オチくんのお話。
これからのお仕事のお話等で盛り上がってきた所で猫店員・読太さんが登場です。
ざわめき立つ参加者。
皆さん、仁尾さんと小泉さんのお話よりも読太さんの行動に目を奪われています。
「写真撮ってもいいですからね」
ニンゲン店主のお言葉に一斉にスマホを取り出す参加者!

『何やっているんだろう?』

見下ろす読太さん。

『よし、ここから…』

え?そこから降りるの?

ピョン!

キャットウォークから飛び降りた読太さん。

仁尾さんの横に陣取り、トークに参加します。

『賑やかですね』

さつきさんも降りてきました。

ゲストのお二人にご挨拶する、さつきさん。

『写真撮るならテーブルのに乗らなくちゃね』

参加者の皆さん、トークをよそにパシャパシャ!
完全に主役になっています。

『読太はニンゲン店主の席取っちゃった』

ニンゲン店主が立ち上がった鋤にクッションに乗った読太さん。

さつきさんも寄り添って、一緒にトークを聞くようです。

『チョボ六も降りてきたよ』

2階からチョボ六さんが登場です、

『これ…仁尾さんと小泉さんの本よね』

参加者の皆さんにご挨拶して、テーブル上の本を見つめるさつきさん。

『さつきはこの本が好き』
『どの本?』

本に乗るチョボ六さんとさつきさん。

さつきさんは下に降りて爪とぎをガリガリ。

トークショー終盤、配られたのは”におみくじ2″

丸めて筒に入れられたおみくじです。
デパートの屋上にあった御神籤自販機を思い出しますねぇ。

後半はトークの内容も半分くらいしか頭に入らず…
無事終了。

チョボ六さんはキャットウォークへ。

読太さんは相変わらずクッション。
『ニンゲン店主が座れるように半分空けておいたのに…』

参加者特典の小泉さよさん特製アクリルキーホルダーをいただきました♪

可愛いですねぇ♪
特別販売されたので保存用に一個買い求めてしまいました。
(現在は販売終了しております)

最後にさつきさんにご挨拶して…

いや、仁尾さんと小泉さん、人間店主にご挨拶して…
イベント終了。
キャッツミャウブックスさんを後にしたのでございました。

生で聞いた”絵描きと歌人と本屋の猫ばなし”とても楽しかったです!
でも…やっぱり…
アルコールが入った方がもっと面白いお話が聞けると思うので、今年はドリンク込みでぜひお願いします!

 

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

年頭の土曜。
猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しております。

猫店員専用デスクに移動した読太さん。

クッションをフミフミしています。

さつきさんも移動してきました。

読太さんのフミフミを邪魔するさつきさん。

読太さん、イカ耳になっていますねぇ。

『こっち向きだと落ち着かないから…』

『並んで寝ようっと』

さつきさん、向きを変えました。

落ち着いたさつきさん。

読太さんはまだフミフミを続けています。

では、読太さんのフミフミ。
パン職人の様子を動画でどうぞ!

見れない方はこちらからどうぞ。

『ところで今回は何を買ったの?』

そうそう!今回はですねぇ。

俺、つしまBOOKですよ!

便箋付き!

さらにサインとオリジナルカード付き!

『新年からいい買い物できたね。ことしもよろしく』

はい、今年もよろしくお願いします。

『お気をつけて』

チョボ六さんも今年もよろしくね。

そうそう、新刊スペースにも”俺、つしま”の原画は展示されていますよ。

みんなちゃんと見てくださいね。

ニンゲン店主にもご挨拶して外へ。
あ…100円コーナーができてる。

お買い得な本もありましたよ!

キャッツミャウブックスさんから世田谷線沿いに三軒茶屋駅へ。

次がとっても綺麗でございました。

キャッツミャウブックスさん、昨年はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします!
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

や、どうも。
ろっちさんが”俺、つしま”原画展を見に、猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんに来ていたそうだよ。

でもまだ原画を見られないそうだよ。
猫店員の読太さんが膝に乗っているからだってさ。

『読太なんか膝から下ろして原画を見ればいいのに』

さつきさんがなにか言ってるよ。

『つーさんの原画は見ごたえあるよ』

うん、俺もそう思うよ。

「見たいけど…読太さんを無理に膝から降ろせないですよ」

ろっちさんがなにか言ってるよ。

『つーさんの原画をちゃんと見なさ~い!』

ほら、さつきさんに怒られた。

『読太もそう思うでしょ?』

『うん、ここからでも原画見られるからね』

読太さんは膝の上から原画を見てたみたいですよ。

『みんな集まってる』

チョボ六さんも降りてきたよ。

『お邪魔します』

ろっちさんの膝から降りた読太さんと入れ替わりに、チョボ六さんが膝に乗ったみたいだよ。

『今年もよろしくお願いします』

チョボ六さん、膝の上から新年のご挨拶だね。

こんな感じで動けないろっちさんは、ビールを呑み干したそうだよ。

そしたらチョボ六さんが膝から降りていったんだって。

やっと原画をじっくり見れるって、ろっちさん言ってたよ。

「これ…欲しいなぁ」

ろっちさん、ひばいひんって書いてあるよ。

あ、足型まくらがあるぞ。

ズン姐さんのために作られた足型まくら。

実物だって。
さわる時はやさしくさわってくださいね。

グッズや本の販売もしていますよ。

売り切れの場合もあります。
その時はにゅうかを待ってくださいね。
キャッツさんのツイッターを見てるといいよ。

「これ…グッズ化してくれないかなぁ」

ろっちさんがなにかつぶやいているよ。
俺の店員すがたにキャッツさんの猫店員さんたちのイラストだよ。

ろっちさんが原画を見て椅子に座ろうとしたら…

椅子は猫店員さんに乗られていたんだってさ。

原画展は2/6(月)までやってます。

キャッツさんの営業じかん、やすみの日などはキャッツさんのツイッターでかくにんしてください。

ろっちさんのブログは後へんに続くらしいから明日も見てあげてください。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

1/7(土)の夕方。
猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにやってまいりました。

キャッツミャウブックスさんはこの日から2023年の営業開始。

そして”俺、つしま”の原画展もスタートです。

奥の猫店員スペースに入ると…
『あけましておめでとうございます』

寝ていたさつきさんが起きてきました。

『今降りていきますからね』

キャットウォークを歩いてきたさつきさん。

『よいしょ』

本棚を降りてきて…

『今年もいっぱい撫でてください。よろしくお願いします』

よろしくの内容がちょっと違うような気がしますが…
まぁいいや。

今年もよろしくお願いしますね。

撫で撫で開始です。

撫でていると椅子の上で横になっちゃったさつきさん。

そのままモフモフ♪

『さつき…撫でられてるんだ』

横の椅子に読太さんもやってきました。

ビールもやってきました♪

ビールをグビリと呑んで…

さつきさんをモフモフ♪

『次はね、喉をお願いします』

『そうそう…そこです』

気持ち良さそうに撫でられるさつきさん。

さ、そろそろ…”俺、つしま”の原画を見せていただいてもいいでしょうか?
『うん、いいですよ』

では原画を拝覧しますか。

『お邪魔しますよ』

あれ?読太さんが膝に乗ってきちゃいました。

『ド~リ~ル~』

ドリルになった読太さん。

そのまま膝に落ち着いちゃいましたよ。

これでは原画を見ることは出来ませんねぇ。
さつきさんの尻尾もさり気なく膝に乗っているし。

ビールを呑みながら読太さんを撫でて…
原画を見るのは中編にいたしましょう。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

10月下旬の休日。
猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しております。

猫店員専用デスクに移動した、さつきさん。

チョボ六さんも移動してきました。

そのまま猫鍋でお休みかと思ったら…

さつきさんの横に移動します。

『チョボ六はすぐに横に来るんだよね』

さつきさん、体勢を変えます。

『眠くなってきちゃった…』

目を閉じたさつきさん。

顎をペタンとしてお休みのようです。

顔をこちらに向けてお休みになる猫店員さん達。

チョボ六さんは起きて毛づくろいを始めました。

『チョボ六の事はいいからさぁ』

『さつきを撫でてください!』

さつきさん、左手を前に出して自分を招きます。

では…
撫で撫で♪

『もっとですよ!』

はいはい。

撫で撫で撫で♪

『さつきが撫でられてる』

この様子を見つめるチョボ六さん。

チョボ六さんも撫で撫で♪

『よいしょ』
『チョボ六、重い!』

チョボ六さん、さつきさんにのしかかって…

顎を乗せてお休みのようです。

猫店員さん達は完全にくつろぎタイム。
自分はそろそろ帰るとしましょう。

『ありがとうございました』
『お気をつけて』

ご挨拶して見送ってくださった猫店員さん。
今回もありがとうございました!
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

キャッツミャウブックスさんは年内の営業は終了。
年明けは1/7(土)からの営業です。

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

10月下旬の休日。
取り寄せをお願いした本が届いたと連絡を受けて…
猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにやってまいりました。

本を購入しておくの猫店員スペースに入ると…

さつきさんとチョボ六さんが並んで寝ています。

読太さんもキャットウォークのクッションで熟睡中。

さて、ビールを頂きましょうか。
と思ったら…
『いらっしゃいませ!』

さつきさんが起きてきました。

『今日はどんな本を買ったの?』

今日はですねぇ。
答えようとしたら…

『お邪魔します』

チョボ六さんも起きてきて自分の膝に乗ってきました。

膝で落ち着くチョボ六さん。

『で、今日はどんなご本を買われたのですか?』

はい、今日はですねぇ…

モツ焼きウォーズ〜立花屋の逆襲〜」「とりま、風呂いかね?2巻」の2冊です。
どちらも猫本ではないですけどね。

「モツ焼きウォーズ」は立石の名店がモデルになっている児童書。
「とりま、風呂いかね?」は美少女SFコメディーなんですが、銭湯愛に溢れた漫画なのです!

『ふ~ん…』

あれ?説明している間にチョボ六さんが膝から降りてる…

しかも二匹ともこっちにお尻を向けて…

話を聞いてました?

『ちゃんと聞いてましたよ!』

え?じゃぁ…なんて言ったか覚えてます?

『うん、覚えてるよ』

『風呂上がりのビールは染みるなぁって言ってたよね』

『うん、ボールが美味しいって言ってたよ!』

いや、違うでしょ!
たしかにビールは美味しくて体に染み渡ったけど。

『ちゃんと聞いてたのに…』

『さつきは拗ねて猫店員専用デスクに行っちゃったよ』

本の説明を聞き終わった猫店員さん達は、すでに自分への興味を無くしたようです。
さて、この後は…
後編に続きます。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

キャッツミャウブックスさんは年内の営業は終了。
年明けは1/7(土)からの営業です。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

10月中旬の休日。
猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しました。

本を購入して奥の猫店員さんスペースに入ります。

読太さんは猫店員専用デスクでお休み中。

さつきさんとチョボ六さんは、ちぐらの中でくっついて寝ていますね。

 

『あ、ろっちさん。いらっしゃいませ』

さつきさんが起きてきてくださいました♪

『今日はどんなご本を買われたのですか?』

椅子によじ登りながら聞いてきた、さつきさん。

今日は3冊買いましたよ!
猫びより、私という猫 ~終の道~プロレス保健室

「私という猫 ~終の道~」はやっぱり泣いてしまう本。
「プロレス保健室」は取り寄せをお願いした本で、プロレス好きにはたまらないネタが散りばめられた漫画です。
さつきさん、聞いてますか?

『腰ポンポン、気持ちいいです!』

やっぱり…
いつもどおり聞いちゃいないですね。

『ちゃんと聞いていましたよ』

はいはい、聞くだけ聞いていたんですね。

なんて言いながら、さつきさんを撫でモフ♪

あ、読太さんが起きたようです。

『さつきがろっちさんの相手しているみたいだから…』

読太さん、猫店員専用デスクのチェックでしょうか?
グルグル回って…

『うん、ここが落ち着くね』

またお休みになってしまいました。

チョボ六さんは相変わらずちぐらの中。

今回はちょっと早めに切り上げるとしましょうか。
『え?早メシにはまだ早い時間なんだけど…』

さつきさん、自分を早メシの時計代わりにしないでください。

最後にひと撫でさせていただいて…

ではまたね。

『ありがとうございました。お気をつけて』

ちょっと寂しそうに見送ってくださった、さつきさん。

キャッツミャウブックスさん、今回もありがとうございました。
また本を購入しに伺います。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

10月上旬の週末。
猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しております。

膝に乗ってくださったチョボ六さんを撫で撫で♪

『読太は…テーブルの下にいますね』

読太さんはテーブルの下で毛づくろいをしています。

『さつきは相変わらず椅子の上です』

『こっちも撫でくださいな!』

あくびをしながら要求してきたさつきさん。
手を伸ばして撫で撫で。

『こっちもですよ』

膝の上のチョボ六さんも撫で撫で。

 

『チョボ六、満足して降りていったね』

そうなんです。
チョボ六さん、膝から降りていってしまいました。

さつきさん、代わりに膝に乗りますか?
『乗らないよ』

『撫でてもらったから専用デスクで寝ようかな』

さつきさん、椅子を一個移動します。

『椅子が空いた!』

そこにすかさず飛び乗る読太さん。

『読太、膝に乗るの?』
『乗らないよ~』

読太さん、毛づくろいです。

さつきさんは猫店員専用デスクに移動して安定の牙出し。

『あ…もうすぐ閉店時間』

え?閉店時間までまだ1時間ありますよ。

『もうお客さん来ないよね。ろっちさんが変えれば早メシだ』

読太さん、そんな睨まないでください。

『早メシなの?』

チョボ六さん、まだお客さん来るかもしれませんよ!

まぁいいや。
自分はそろそろ帰るとしましょう。

訪問時と同じような構図でくつろぐ猫店員さんにご挨拶して…
キャッツミャウブックスさんを後にしたのでございます。

キャッツミャウブックスさん、今回もありがとうございました。
また本を購入しに伺います。
ビール、ごちそうさまでした!
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

10月上旬の週末。
猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにやってまいりました。

日が暮れるのが早くなり、夕方にはもう暗くなっていますね。

奥の猫店員スペースに入ると…

読太さんが椅子に乗っています。

『今日はどんな本を買ったの?』

今日はですねぇ…

説明しようとしたら、チョボ六さんがキャットウォークから降りてきました。

『今日はどんなご本を買われたのですか?』

折りながら聞いてくるチョボ六さん。

この日購入したのはですねぇ。
月刊「ねこ新聞」を創った夫婦-男のロマンは女の苦しみ

ねこ新聞の裏話エッセイです。

って…君たち、人の話を聞きなさい!

『うるさいなぁ』

猫店員専用デスクで寝ていた、さつきさんが目を覚ましたようです。

『あれ?ろっちさん』

『いらっしゃいませ』

伸びをしながらご挨拶してくださった、さつきさん。

『読太、その椅子に乗るからどきなさい!』

椅子に乗っている読太さんをどかそうとします。

『わかったよ!』

素直に降りる読太さん。

『さ、撫でてくださいな』

読太さんが乗っていた椅子によじ登るさつきさん。

では、さつきさんを撫で…
『おじゃましますね』

さつきさんを跨いでチョボ六さんが膝に乗ってきました。

チョボ六さんを撫で撫で♪

撫で撫で撫で♪

こんな感じでチョボ六さんを撫でながらビールを呑んで…
後編に続くのでございます。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

最近のコメント

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。