Cat's Meow Books | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

7月下旬の週末。
三軒茶屋駅停車中の招き猫電車。

これには乗らず、線路沿いの道を歩いて…

猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにやってまいりました。

奥の猫店員さんスペースでは…
キャットウォークのクッションで、さつきさんとチョボ六さんがくつろいでいます。

『あ、ろっちさん。今日はどんなご本を買ったの?』

そこから聞いてきますか。

今日は取り寄せをお願いしていた”ババンババンバンバンパイア3巻”です。

『ふ~ん』

そのまま目をつむった、さつきさん。
やっぱり聞いちゃいないですね。

読太さんも隣のクッションで熟睡中です。

あれ?さつきさんとチョボ六さんが向きを変えました。
降りては…
『今日は行きませんよ~』

そうですね。

ではビールも呑み干したし…
ご挨拶して帰るとしましょうか。

あれ?また向きを変えてる。
『ありがとうございました』

ご挨拶してくださったチョボ六さん。

『お気をつけて』

さつきさん、安定の牙出しでご挨拶してくださいました。

読太さんは向きを変えて熟睡。

皆さんキャットウォークから降りてこなかったけど…
こんな日もあるということで。

キャッツミャウブックスさん、今回もありがとうございました。
また本を購入してビールを呑みに伺います!
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

7月中旬の週末。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔します。

店内では”黒猫ノロと世界を旅した20年“発売記念写真展が開催。

ノロ様とキャッツミャウブックスさんとのコラボTシャツも!

これは思わず購入してしまいました。

キャットウォークのクッションでは、さつきさんとチョボ六さんがくっついてお休み中です。

『あ、ろっちさんだ』

今回はちゃんと覚えていたようですね。

さつきさん、すぐに降りてきてくださいました。
『今日は何を買ったノダ?』

今日はですねぇ…
せんべろnetの酔っても作れる宅飲みおつまみ
おうちビールを100倍おいしくする方法
の2冊を取り寄せていただきました。

『お酒の本ばかりなノダ!』

うん、お酒関係ですけどね。

水曜日のネコも載っているから猫本と言うことで…

『で…なんで黒猫ノロの新刊は購入してないノダ?』

尻尾でポンポンと自分の足を叩いてくる、さつきさん。

黒猫ノロと世界を旅した20年“は自宅に発送してもらったんですよ。
たまには、おまけの4コマ漫画も読みたいですからね!

『ちゃんと買ったんだね』

もちろん!ちゃんと買って読みましたよ!

『では…』

床に降りた、さつきさん。

あ、モフモフですね?
モフモフモフ♪
『気持ちいいけど違うノダ!』

『ノロ様とのツーショット写真を撮るノダ!』

はい、ノロ様の巨大写真をバックにパチリ。

『さつきはノロ様になりきってるみたいだねぇ』

上から読太さんが見つめます。

『全然似てないから見ちゃいられないけどね』

いや、目を隠さないでください。

『いつかさつきもニンゲン店主と一緒に旅に出るノダ!』

『ビール呑むニンゲン店主の膝に乗るのがせいぜいだよ』

読太さん、現実的なツッコミは止めましょう。

そう言えばチョボ六さんは?
隣のクッションでひっくり返って熟睡していました。

『う~ん…』

寝返りを打ったチョボ六さん。
起きてくる気はないようですねぇ。

『さつきが接客しているからいいノダ!』

さつきさん、今回はすっかりノロ様言葉でしたね。

『うん、頑張って真似したノダ!』

はい、自分も頑張ってみました。

では最後にもう一枚、黒猫ショットを撮って…

キャッツミャウブックスさんを後にするとしましょう。

『ありがとうございます。お気をつけて帰るノダ!』

キャッツミャウブックスさん、今回もありがとうございました。
また本を購入してビールを呑みに伺います!
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

次回もキャッツミャウブックスさんだったりします。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

7月上旬の週末。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しております。

本棚をトントンと降りてきた、さつきさん。

自分の隣の椅子によじ登って…

腰ポンポンです!

ピーンっと立った尻尾がスゴイですねぇ。

『今日は何を買ったの?』

今日はね、“俺、つしま”の、つーさん扇子を買ったんですよ!
大きいし、しっかりとした作りだから即お気に入りです♪

『なんか下が楽しそうですね』

チョボ六さんが目を覚ましました。

『よいしょ』

読太さんの上を通るチョボ六さん。

『チョボ六にも跨がれちゃった…』

本棚をトントンと降りてきて…

『さつき、通りますよ』

さつきさんの上を通って…

自分の膝に!

膝に乗って落ち着くチョボ六さん。

隣にさつきさん。

至福の光景ですねぇ♪

『撫でてくださいな』

はい、撫で撫で♪

撫で撫で撫で…

喉も撫で撫で♪

『そう言えば…さっきの扇子見せてくださいな』

つーさん扇子。
チョボ六さんも興味を持ったようです。

『あ、ニンゲン店主が降りてきたよ』

『ホントだ。ニンゲン店主がレジに来ましたね』

『そろそろ早メシかもしれません』

膝から降りていったチョボ六さん。

『まだ時間がちょっと早いんだよねぇ』

でも…自分が帰ると早メシチャンスかもしれませんね。

熟睡する読太さんにご挨拶して…

キャッツミャウブックスさんを後にするとしましょう。

キャッツミャウブックスさん、今回もありがとうございました。
つーさん扇子、この夏大活躍でした!
(買い物をした上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

次回もキャッツミャウブックスさんの様子をお届けしていきます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

 

7月上旬の週末。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにやってまいりました。

いつものように奥の猫店員スペースで大ジョッキをいただきます♪

この日は、とあるグッズを購入。

『何を買ったの?』

読太さん、それはですね…

“俺、つしま”の、つーさん扇子です!

ほらほら、つーさんが大きく描かれているんですよ♪

『読太扇子はないんだね』

それは…ニンゲン店主に頼んでみてください。

読太さんの横では、さつきさんが熟睡中です。

チョボ六さんはキャットウォークの角でお休み中。

ぐっすり眠るチョボ六さん。

肉球を見上げてパチリ♪

『肉球なんか撮ってないで…さつきに相手してもらってくださいな』

でも、さつきさんもお休み中ですからねぇ。

『あ、いらっしゃいませ』

さつきさんが目を覚ましました!

『え~っと…誰だっけ…』

ガクッ。
寝ぼけているみたいですねぇ。

『見た事あるんだけどなぁ』

『え~っと…』

『ろっちさんだ!』

はい、ろっちさんですよ。

『今降りて行くからね』

起きて歩き出した、さつきさん。

読太さんの上を通ります。

『さつきに跨がれたっ!』

本棚の穴を通って降りてきた、さつきさん。

いつも通り、隣の椅子に乗ってくれるかな?
降りてくるさつきさんを目で追いながら…
後編に続きます。
(買い物をした上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

6月の休日。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにやってまいりました。

本を購入して奥の猫店員さんスペースへ。
生ビール大で…

さつきさんに乾杯!

って、さつきさんは外を見るのに夢中になっています。

6月のキャッツミャウブックスさんは”三十一筆箋 -猫猫- “小泉さよさんの原画展が開かれていました。
そしてこの日は著者の猫歌人・仁尾智さんが在店されてらっしゃいました!

仁尾さんの短歌が入った”におみくじ“を引かせていただきます!

袋入りのブロマイド形式で、どの短歌が出てくる変わらないおみくじ企画。
“CATS”(猫の短歌)と”LIFE”(猫以外の短歌)、両方引かせていただきました。

“猫になりたいとか 猫に学ぶとか ないです 猫は猫 僕は僕”
“うつになり2年が過ぎて うつになる 以前がすべて 美しすぎる”
どちらも詠んだ状況も含めて丁寧に解説してくださいました。

「作っておいてなんだけど、こんなのひいて楽しいのかなぁ」
とおっしゃる仁尾さん。
いやいや、直筆短歌が直接解説もついて1首200円。お得ですよ!

仁尾さんとお話させていただいた後、さつきさんを見ると…

大あくび!

そしてペロン♪

『あれ?ろっちさんじゃないですか』

自分に気が付いた、さつきさん。

『撫でてくださいな!』

椅子によじ登ってきます。

自分と仁尾さんから腰ポンポンされてご機嫌のさつきさん。

『ねぇ、今日はどんなご本を買ったの?』

そうそう、仁尾みくじを引きに来ただけじゃなくて本も買ったのでした。
“猫びより・7月号”と”あずかりやさん まぼろしチャーハン”

『猫びより買ったんだ』

わっ!ビックリした。
読太さん、急に声かけないでください。

『その猫びよりにサインしてもらったら?』

読太さん、ナイスアイディア!

『読太にしてはいいアイディアだね。そうしなよ』

仁尾さんにお願いして…
猫びよりの”猫のいる家に帰りたい”のページにサインをいただきました!

仁尾さん、猫びよりにサインするのは初めてだそうです!
ありがとうございます!

『良かったねぇ』

さつきさん、ありがとね。

熟睡していたチョボ六さんも、ありがとうございました。

「2ヶ月後くらいにブログに書かれますからね」と仁尾さんに囁いていたニンゲン店主。
そのとおりでございます!

この日は仁尾さん目当てのお客さんが多い中、撮影させてくださったキャッツミャウブックスさん。
ありがとうございました。
そして仁尾さん、無理に猫びよりにサインを頂きありがとうございました!
生仁尾トーク、楽しかったです♪
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

5月下旬の週末。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しております。

膝に乗ったチョボ六さんを撫で撫で♪

『さつきも撫でてあげてよ』

さつきさんは隣の椅子で毛づくろい中です。

そんなさつきさんに手を伸ばして…

撫で撫で♪

猫店員専用デスクに移動した、さつきさん。

のんびりとまたまた毛づくろいです。

『さつきのところに行こうかな』

チョボ六さんも猫店員専用デスクに移動。

そのチョボ六さんを舐める、さつきさん。

ペロペロペロ…

チョボ六さんも、さつきさんの毛づくろいをしていますねぇ。

『よいしょ』
『ちょっと!チョボ六!』

『重いんだけど!』

そのままさつきさんの腕枕で寝ちゃったチョボ六さん。

ラブラブですねぇ。

あ…腕枕から外れた…

猫店員さん達は接客疲れか、お休みになっちゃいました。
自分もそろそろ移動するとしましょう。

クッションでお休み中の読太さんに、そっとご挨拶して…

『ありがとうございました。お気をつけて』

寝たままご挨拶してくださった読太さんでございました。

2017年8月8日オープンしたキャッツミャウブックスさん。
先日5周年を迎えられました。
おめでとうございます!
これからも美味しいビール…と、猫本を楽しみに伺います。
さらに…
無理に変な本の取り寄せをお願いすると思いますが…
よろしくお願いいたします!
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

5月下旬の週末。
やってきたのは三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんです。

キャッツミャウブックスさんは2017年8月8日オープン。
昨日5周年を迎えられました。
おめでとうございます!
これからもよろしくお願いいたします!

奥の猫店員さんスペースにお邪魔して…
いつも通り生ビール大ジョッキ♪

この日購入したのは、取り寄せをお願いした”ババンババンバンバンパイア
猫本ではないですが銭湯本(?)とあれば購入しなくてはいけません。
作者の奥嶋ひろまさ氏は足に筋肉が付かない病気の猫さんと暮らしてらっしゃいます。
いつか猫マンガを描いて欲しいなぁ。
なんて思いながら…

猫店員さん達に乾杯!

『あ、ろっちさん。いらっしゃいませ』

ご挨拶してくださったチョボ六さん。

『え?ろっちさん』

さつきさんも目を覚ましました。

『いらっしゃいませ~』

ご挨拶してくださった、さつきさん。

すぐに横の椅子にやってきてくださいました♪

『さぁ撫でてください!』

さつきさん…いきなりケツを向けますか。
ねぇ、チョボ六さん!

あ…チョボ六さんもケツを向けてる!

『わし…膝に乗りたいの』

え?わし?

そのまま膝に乗ってきたチョボ六さん。

もしかして腕に「猫様当番」の文字が!?

良かった…
書いてなかった!

『毎日猫様当番って前に言われたでしょ?』

そうでした。
文字がなくても毎日が猫様当番。
当番の役目を果たしましょう!

チョボ六さんを撫で撫で♪

『気持いいですよ…』

そのまま寝ちゃいそうなチョボ六さん。

さつきさんは、あっちを向いちゃっていますが…

チョボ六さんを膝に載せたまま、さつきさんを腰ポンポン。

『もっと撫でてくださいな』

向きを変えたチョボ六さんを撫でながら…
後編に続きます。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

5月中旬の週末。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しております。

『お当番さん、まだ続いてるよ』

この日購入した青山美智子さんの”ただいま神様当番

「おとしもの」って付箋は付いていなかったのに…

自分の腕に”猫様当番”って大きく書かれてしまいました。

『さつきと読太は終わったから…』

『次はチョボ六だね』

はい、さつきさん。
チョボ六さんの願いを叶えなければ文字は消えません。

『わし…寝ていたいの』

ちぐらの中でお休みになったまま動かないチョボ六さん。
って事は…

『これで当番終わりかな?』

そうですよね、読太さん!

『でもね…どうかなぁ?』

う~ん…まだ文字は消えてないですねぇ。

どうやったら消えるんでしょ?
読太さんにまた聞いてみますが…
『くんくん…』

『うちのビールの匂いだね』

はぐらかされてしまいました。

『あ…鳥』

さつきさんが猫店員専用デスクから窓際に移動します。

『鳥はかわいいねぇ』

『わし、外見るの好き』

外をじっと見つめ続ける、さつきさん。

『あ…そろそろ早メシの時間じゃない?』

いや、まだ18時ですから早いですよ!

『わし、早メシ食べたいの』

だから、それは自分では叶えられませんよ。
ニンゲン店主に言ってください。

『早メシ当番じゃないの?』

それは違います!

『あ、文字が消えちゃったね』

え?

ホントだ!
猫様当番の文字が消えています!

良かった、早メシ当番に変わっていなくて。

『文字が消えても、毎日が猫様当番だからね』

そうですね。
腕の文字がなくても、毎日が猫様当番!
自分の猫様当番はこれからも、まだまだずっと続くのです。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

5月中旬の週末。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しております。

『さつきが何か言ってたなぁ』

目を覚ました読太さん。

『お当番さん、みーっけ!

伸びをして降りてくる読太さん。

『今日のお当番さんは、ろっちさんかぁ』

はい、自分みたいですね。

この日購入した青山美智子さんの”ただいま神様当番

「おとしもの」って付箋は付いていなかったのに…

自分の腕に”猫様当番”って大きく書かれてしまいました。

『ま、いいや。わし、膝に乗りたいの』

あ、いいですよ。

膝に乗ってきた読太さん。

いつもは膝の上を通り過ぎたりするのですが、この日はあっさり乗ってきましたねぇ。
猫様当番だからでしょうか。

『気持ちよく撫でて』

はいはい、撫で撫で♪

『気持ちいいねぇ』

目を細める読太さん。
猫様当番の文字がなくても、いつもの風景のようですが…
何が違うんでしょうねぇ?

『あ、さつき』

はぐらかされてしまいました。

さつきさん、爪とぎでバリバリ。

『読太、お当番さんに楽しませてもらっているみたいだね』

はい、当番としての役目を十分果たしていると思うのですが…
猫様当番の文字はまだ消えないんですか?

『さつきはかわいいねぇ。わし、さつきのキバ好き』

またはぐらかされてしまいました。

さつきさんは猫店員専用デスクに移動。

香箱を組んで、くつろぎます。

キバがキュートですね♪

勾玉のように丸まって自分の膝に乗っていた読太さん。

ブルブルっと震えて…

にゅるるんと体を伸ばしながら膝から降りていきました。

これで当番終了でしょうか?

『わしらまだ満足していないよー』

体を書きながら答える読太さん。

腕の猫様当番の文字はまだ消えません。
自分の猫様当番はまだ続くようです。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

5月中旬の週末。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにやってまいりました。

この日購入したのは、新井素子さんの”絶対猫から動かない
そして青山美智子さんの”ただいま神様当番

(今回のシリーズは”ただいま神様当番”を読まれていると、より楽しめると思います)

専用デスクでお休み中の猫店員さんに乾杯!

ビールをグイッと喉に流し込みます♪

読太さんは猫鍋で丸くなって寝ています。

チョボ六さんは、ちぐらで熟睡。

『お当番さん、みーつけた!』

さつきさん、隣の椅子に来てくださったんですね。
って…
え?当番?

『うん、ろっちさんが今日のお当番さんでしょ?書いてあるよ』

うわっ!
腕に猫様当番って書いてある!

なんで?

“ただいま神様当番”は新刊で売り場から購入したし…

「おとしもの」って付箋は付いていませんでしたが…

『わし、気持ちよく撫でられたいの』

猫様当番になってしまったからには、猫さまの願いを叶えて満足させなければいけません。

はい、撫で撫で撫で。

『まだ満足できないよ』

自分を尻尾でポンポンと叩き催促してくる、さつきさん。

『次はモフって!』

はい、モフモフモフ…

喉も撫で撫で♪

って、これ…
猫様当番じゃなくても、いつもと同じような気が…

『気持ちいいですねぇ』

満足してくださいましたか?

『次は読太の番だね!』

腕の猫様当番の文字はまだ消えません。
自分の猫様当番はまだ続くようです。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。