Cat's Meow Books | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

3月上旬の休日。
取り寄せをお願いしていた本を購入しにやってきたのは…
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんです。

奥の猫店員スペースに入ると…
読太さんはキャットウォークのクッションで熟睡。

さつきさんは猫店員専用デスクで丸まってお休み中。

熟睡していますねぇ。

皆さんお休み中なので…ビールを頂きながら購入した本を開きます。

今回購入したのは”NyAERA(ニャエラ) 2022
ニャイト・オブ・ザ・リビングキャット 2
呑川のすべて

 

“呑川のすべて”は猫本ではありません。
自分の別趣味関係で取り寄せてもらったのですが…
頼んだ時にニンゲン店主が「来ましたね」って感じでニヤリと笑ったのが忘れられません。

キャッツミャウブックスさんの店内で販売している本はすべて猫本ですが、取り寄せは全ジャンルで取り寄せてもらえます。
取り寄せた本も売上の10%を寄付されています。
猫助けの為に…猫店員さん達にお会いしに行く為に…ビールを呑みに行く為に…
定期的に訪問する理由を付ける為に、欲しい本はキャッツミャウブックスさんで取り寄せてもらうようになりました。
取り寄せた本を購入しに行って、ついでに目に付いた猫本も購入しちゃうことも多々あるし。
猫本屋としてキャッツミャウブックスさんを訪問する皆さんも、本屋としてキャッツミャウブックスさんを利用してみるといいと思うのです。

 

 

『なんか語っている人が…ろっちさん?』

あ、さつきさん。
起こしてしまいましたか。

『今行きますからね』

起きて猫店員専用デスクから移動する、さつきさん。

『今日はどんなご本を買ったの?』

え?もう説明しちゃいましたよ。

『さつきが来るまで待っていなくちゃダメでしょ!』

いや、さつきさん。
説明したって、どうせ聞いちゃいないでしょ?

『さ、腰ポンポンしてください』

ほら、もう人の話聞いちゃいない。

と言いつつも、腰ポンポンさせていただきます。

『うんうん、いい叩き心地…』

椅子を抱きしめるようにしてうっとりする、さつきさん。

『あ、クロネコさんの集荷。ご苦労さま』

クロネコさん、働き者ですねぇ。
さつきさんももっと働きますか?

『え?さつきはいっぱい働いたよ』

いや、まだ働き足りないでしょ?

『ろっちさんの接客したら疲れちゃった』

猫店員専用デスクに戻ってお休みになる、さつきさん。

読太さんは相変わらず熟睡。

チョボ六さんはちぐらの中で熟睡で写真撮れず。
ビールも呑み干したし、そろそろ移動するとしましょう。

キャッツミャウブックスさん、猫店員さん達、今回もありがとうございました。
また本を買いに…あ…ビールを呑みに伺います!
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

2月の祝日。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しております。

膝の上でくつろぐ読太さん。

『ところで今日は…どんなご本を買ったの?』

さつきさん、前々回で説明しましたよ!

『え?もう説明したの?』

やっぱり聞いちゃいなかったんですね。

『顔を洗って出直してきます』

加湿器の湯気を浴びる、さつきさん。
でもね、それは洗っているとは言えないのでは…

『猫のおつまみって本と、つーさんボールペン買ったんだよね』

読太さんはちゃんと聞いてたみたいですね♪

そう、俺つしまのボールペン買ったんですよ!
『これ、いいね』

いいでしょ?

『匂い付けしちゃおうっと』

ボールペンにスリスリする読太さん。
匂い付けはいいけどあげませんからね!

『え?匂い付けしたから読太の物でしょ?』

勝手に読太さんの物にしないでくださいな。

もう一本、黄色いのも購入したんですよ。

『勝手に背中にボールペン乗せないでよ』

イカ耳になってしまいました。

『そっちのボールペンにもスリスリしたかったのに…』

いやいや、2本とも読太さんの物にされては構いません。

『ねぇ、撫でてくださいな』

顔を洗って出直してきた、さつきさんが顔を突き出してきました。

はい、撫で撫で…モフモフ…

『気持ちいいです~』

さつきさん、椅子の上でひっくり返ってしまいました。

『あ…そろそろ早メシ(閉店)の時間だよ!』

『ホントだ!そろそろ早メシだね』

もうそんな時間ですか。

チョボ六さんも待機していますねぇ。

では、自分もそろそろ帰るとしましょうか。

『帰る前に募金していってね』

え?募金?

猫が手を出す募金箱が用意されていました。

ほんの気持ちだけど募金して…
キャッツミャウブックスさんを後にするとしましょう。

キャッツミャウブックスさん、猫店員さん達、今回もありがとうございました。
また本を買いに伺います!
あ…ビールも呑みにね♪
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

2月の祝日。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しております。

キャットウォークの読太さん。

ドヤ顔を下から撮ってみました。

『どこから降りようかな』

そこから飛び降りるのは、やめてくださいね。

『読太が行っちゃった』

寝ぼけ眼(でも牙出し)の、さつきさんも…

起きてキャットウォークを移動します。

『もう目が覚めたよ』

移動してきた、さつきさん。

本棚を降りて…

『狙いを定めて…』

ピョンと飛び降りて…

『よいしょ、よいしょ』

椅子をよじ登ります。
さつきさん、何故か椅子には飛び乗らないでよじ登るんですよねぇ。

『さぁ、撫でてくださいな』

はい、撫で撫で♪
腰ポンポン♪

『気持ちいいです!』

舌をペロッと出してくださった、さつきさん。

『こっちも降りてきてるよ!』

あ、読太さん。
叫ばなくても気付いていますよ!

『気付いてないのかと思ったよ』

呑みさしのビールと一緒にパチリ♪

『呑んじゃって、もう一杯頼めばいい写真が撮れたのにね』

あぁ、そうですねぇ。
失敗しました。

『ま、写真は関係ないからいいけどね』

自分の膝に乗って毛づくろいを始めた読太さん。

『よし、キレイになった!』

膝の上でモデル顔になってくださいました。

『写真撮った?んじゃくつろぎタイムだから』

写真はどうでもいいといいながらも、モデルになってくださった読太さん。
自分の膝でくつろぎ始めました。

読太さんを撫でながら…
次回の後編に続けるとしましょう。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

2月の祝日、夕暮れ時。
2階の猫の置物のシルエットに導かれるようにやってきたのは…

三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんです。

本+αを購入して奥の猫店員さんスペースにお邪魔します。
『いらっしゃいませ!』

寝ていたチョボ六さんが伸びをしてご挨拶してくださいました。

『今降りていきますね』

チョボ六さん、一旦立ち止まって毛づくろい。

『キレイにしてからご挨拶に行かなくちゃ』

加湿器で保湿をしています。

『あ…ろっちさん。チョボ六が行ったからいいか』

さつきさんも目を覚ましましたが、降りてくる気はなさそうですねぇ。

『改めていらっしゃいませ。今日はどんな本を買われたのですか?』

チョボ六さんに聞かれたのは初めてかも。

今日はですねぇ。

細村さんと猫のおつまみ“と言う本と、俺つしまフローティングペンです!

“細村さんと猫のおつまみ”は、お酒に合うおつまみと猫のご飯を一緒に作ってしまうある意味酒本。
ストーリーもしっかりしていて、おすすめの漫画です。

俺つしまフローティングペンは、傾けると…

つーさんが動くんですよ!

『それはいい買い物をされましたねぇ』

あ…ちゃんと聞いてくれた!
チョボ六さん、ありがとうございます!

『こっちでもちゃんと聞いてましたよ』

キャットウォークから見下ろす、さつきさん。

『ねぇ読太、聞いてたよねぇ?』
『う~ん…眠い…』

読太さんは聞いちゃいなかったようですね。

『聞いてたってば!』

わかりました。
わかりましたから牙を出してアピールしないでください。

『接客してきたよ!』

チョボ六さんがキャットウォークに飛び乗りました。

『うぎゃぁっ!』

あれ?読太さん。
どうしました?

『チョボ六に踏まれた~っ!』

牙だらけのキャットウォークになっちゃっていますねぇ。

『もう…目が覚めちゃったよ!』

牙を見せるさつきさんと読太さん。

『しょうがないから下に降りてやろうかな』

キャットウォークを歩き出した読太さん。
さて、下に降りてきてくださるのでしょうか?

ビールを呑みながら読太さんを見つめ…
次回に続きます。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

2月上旬の休日。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しております。

猫店員専用デスクに移動した、さつきさん。
『読太が邪魔ですねぇ』

ペロっと舌を出して…

ピョン!

『こっちに戻って来ちゃったね』

ですねぇ。

さつきさんは床に降りて毛づくろい開始。

読太さんは何も気にせず熟睡しています。

『あ、チョボ六も降りてきた』

自分の膝から降りたチョボ六さん。

爪とぎにゴロン♪

あら、可愛いですね。

そして大あくび!

『ろっちさんが買った本の紹介は前回させたし…』

はい、前回紹介しましたね。
って、させたってなんですか!

『やっぱり専用デスクで仕事しようっと』

再び猫店員専用デスクに移動した、さつきさん。

『よいしょ』

読太さんの隣に落ち着きます。

『あ、ニンゲン店主』

ニンゲン店主が本の整理をしようと入ろうとしますが…
「チョボ六さん、ちょっとどいてくださいね」

チョボ六さんをどかそうとするニンゲン店主ですが…

逆に甘えて入るのを邪魔するチョボ六さん。

『ニンゲン店主が来たって事は…早メシ?』

急に読太さんが目を覚ましました。

『時間もそろそろね』

さつきさんも目を輝かせます。

『早メシ!』『早メシ!』『早メシ!』

待ち受ける猫店員さん。

では早メシが出てくるように、自分は帰るとしましょうか。
チョボ六さんをひと撫でして…

三郎店長と鈴さんにご挨拶して…

キャッツミャウブックスさんを後にするとしましょう。

今回もありがとうございました。
また本を買いに伺います。
ごちそうさまでした!(違)
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

2月上旬の休日。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにやってまいりました。

本を購入して奥の猫店員スペースに入ると…
『いらっしゃいませ!』

さつきさんが座ろうとした椅子によじ登ってきました。

『ろっちさんはそっちの椅子に座ってね』

はい、では隣の椅子を引き出して座りますね。

『さて、今日はどんなご本を買ったの?』

今日はですねぇ。

『ボーッとしてないで早く紹介してくださ~い!』

さつきさんに怒られてしまいました。
紹介しますから、ちゃんと聞いていてくださいね!

今回購入したのは「にゃっぷる 2匹め」「猫びより3月号」の2冊です。

って…やっぱり聞いちゃいねぇ!

『ろっちさん、ビールがまだ出てこないからカリカリしてんじゃない?』

『ろっちさんに早くビールを上げてください!』

チョボ六さんが爪とぎをカリカリしながら催促してくださいました。

『お待たせしました』

ふふふ、大ジョッキが来ましたよ♪

猫店員さん達に乾杯!

『乾杯も何も、こっちは呑まないんだから』

読太さん、そんな冷ややかな目で見ないでください。

『本の紹介も終わって、ビール呑んで落ち着いた?』

はい、チョボ六さん。
一息つきましたよ!

『じゃぁ…お膝にお邪魔します』

膝に乗ってきてくださったチョボ六さん。

『さつきは相変わらずお尻を向けてるね』

そうですねぇ。
さつきさんは向こうを向いたままです。

『チョボ六に構っているから…こっちも撫でてくださいな』

はい、さつきさんも撫で撫で♪

『気持ちいいね』

満足そうな、さつきさん。

『うん、気持ちいいね』

チョボ六さんも、そのまま寝てしまいそうな感じ。

『よし、専用デスクで寝ようかな』

猫店員専用デスクに移動した、さつきさん。
読太さんと一緒に寝るのかな?
ビールを呑みつつ膝の上のチョボ六さんを撫でて…
後編に続きます。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

1月上旬の休日。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しております。

さつきさんを撫でていると読太さんが自分の膝から降りていきました。
あれ?読太さんとチョボ六さんが睨み合っていますよ!
『さぁ来なさい!』

これは…
チョボ・ケレロクvs猫神ヨンターライガーの試合開戦か!?

『ギャラクティカファントム!』

え?そっち?

チョボ・ケレロクvs猫神ヨンターライガーではなく、高嶺竜児vs剣崎順だったようです。

『竜児!ブーメランを出すっちゃ!』

え?さつきさんが菊姉ちゃん?

『ブ…ブーメランしっぽ!』

必殺ブロー、ブーメランしっぽが決まった~っ!
さらば読太…スーパースター!

『ねぇ、何やらされてるのかよくわかんないんだけど』

え~っとですね、これは”リングにかけろ”という昔の漫画のネタでして…

『ろっちさん、よくその漫画のネタ出すよね』

はい、好きなんですよ。

『付き合ってらんないよ』

呆れ顔の読太さん。

ピョン!

キャットウォークに飛び乗って…

レジスペースを眺めます。
『あ、閉店準備してる』

『もうすぐ早メシだね』

チョボ六さんも入り口を眺めています。

『もう閉店時間だもんね』

そうですね。
では自分もそろそろ…

『あ、その前に!』

さつきさんが椅子に手をかけて…

ピョン!

珍しく飛び乗ってきました!
よじ登るんじゃなくて飛び乗る事もできるんですね!

『変な感心しないでください』

『あれ…早メシの準備かなぁ?』
『ちょっと違うみたいだよ』

読太さんとチョボ六さんはニンゲン店主の行動を監視。

『ろっちさんが帰れば早メシだ!』

はいはい、もう帰りますよ!

三郎店長と鈴さんにご挨拶して…

『ありがとうございました。今年もよろしくお願いします』

そうそう、2022年初訪問でしたね。
今年もよろしくお願いしますね。

『今年もよろしくお願いします』『さぁ早メシ早メシ!』

チョボ六さんと読太さんにも見送られてキャッツミャウブックスさんを後にしたのでございました。
キャッツミャウブックスさん、ありがとうございました。
もう3月になっちゃいましたが、今年もよろしくお願いします!
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

1月上旬の休日。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しております。

水を飲み始めた、さつきさん。

『あ、さつきがこっちに来る』

目をまん丸にして見つめる読太さん。

さつきさん、お水を飲んだ後に隣の椅子によじ登ってきました。

『さぁ、尻を叩け!』

は…はい。

ポンポン!

一部モザイクを掛けております。

続いて読太さんもポンポン!

『こっちは叩かなくていいんだよ』

いや、喜んでいたじゃないですか!

お尻を向け合ってくつろぐ、さつきさんと読太さん。

続いてチョボ六さんのお尻もポンポン!

猫店員さんの腰、制覇です♪

『思わず叩かれてしまいました』

瞑想を始めたチョボ六さん。

『尻ポンポンは気持ちいいもんね』

更にポンポンを要求する、さつきさん。

『叩かれるよりも撫でられる方がいいなぁ』

はい、では…

撫で撫で撫で♪

気持ちよさそうに目を細める読太さん。

『撫でられてポンポンが一番いいかな』

要はいっぱい構えってことですね?

『そう!だからさつきを…』

『もっと構いなさい!』

さつきさんに偉そうに命令され、撫でながら…
次回のシリーズ最終回に続けるとしましょう。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

1月上旬の休日。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しております。

猫神ヨンターライガーVSザ・グレート・さつき
いよいよゴング!
『鳴らないよ』

あれ?

さつきさんは猫店員専用デスクに移動して毛づくろいですか。

念入りに毛づくろいする、さつきさん。

読太さんも離れた場所で毛づくろいしていますねぇ。

念入りに左手の毛づくろいをする読太さん。

『え?これは毛づくろいじゃないよ』

そうなんですか?

『うん、この手でさつきをヨンターボムで沈めるためのトレーニング』

『よし!キャットオブスーパージュニアの準備は出来たぞ!』

やる気満々の読太さん。

『キャットオブスーパージュニアなんてやるわけ無いでしょ』

さつきさんはやる気なしですねぇ。

『それより本に乗ってると、また怒られるよ』

『え?怒られるかなぁ』

「本に乗るな~っ」
ほら、ニンゲン店主の心の声が聞こえた。

『うるさいなぁ』

『んじゃこっちで…』

自分の横の椅子に移動してきた読太さん。

『ろっちさんの膝に乗るよ』

え?いいんですか?

『本に乗るなっていうんだもん』

『膝の上なら文句ないよね!』

はい、文句なんぞ全く言いません!

『なんか屁理屈っぽいけど…』

冷ややかな目で見つめる、さつきさん。

そんなさつきさんを自分も読太さんの頭越しに眺めて…

次回に続くのでございます。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

1月上旬の休日。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにお邪魔しております。

自分の膝でくつろぐ読太さん。

撫で撫で撫で♪

隣の椅子には、さつきさん。

『さつきももっと撫でてくださいな』

香箱を組んださつきさんを撫で撫で♪

チョボ六さんは爪とぎの上で…

毛づくろいをはじめました。

あれ?読太さん。膝から降りて隣の椅子に移動ですか?
『だってさ、心込めて撫でてくれないんだもん』

不満そうな読太さん。

『ボーッと撫でてるんじゃねぇよ!』

うわ~っ!プシュ~ッ!

『読太に叱られたね』

そうですね。
キャッツミャウブックスさんで猫店員さんに叱られたのは鈴さん以来です。

『あれ?チョボ六がどっか行っちゃったよ』

え?どこに行ったんでしょう?

あ、テーブルの上の本棚をくぐってチョボ六さん登場です。

本に乗って歩いたら怒られますよ~

『ちょっとお邪魔しますね』

え?チョボ六さん。
いいんですか?

『乗り心地良さそうだからね』

膝に乗ってくださったチョボ六さん。

『チョボ六が膝に乗ったよ』
『最近人懐こくなったよね』

こら、そこ!
こそこそ話しない!

『猫店員らしくなったねって話てたの』

あ、こそこそ話じゃなかったですね。

『なんか見つめ合ってるよ』

え?

読太さんとさつきさんが睨み合っていますねぇ。

これはもしかして…
猫神ヨンターライガーVSザ・グレート・さつき開戦か!?
ワクワクしながら次回に続くのでございます。
(本を購入した上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。