2021年7月8日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

6月上旬の週末。
立石の丸吉玩具店さんにお邪魔しております。

自分の膝に居座る純平くん。
『ほら、もっと俺様を撫でなさい!』

はいはい、撫で撫で。

撫でながらレジ台を見ると…
サンペイくんがお水を飲んでいますね。

『あんな狭い所に置いてある水飲まなくてもいいのになぁ』

膝の上から何やら言い出す純平くん。

『バカ面して撫でられる奴に言われたくないね!』

ひと睨みしたサンペイくん。

レジ台の真ん中に移動して…

お休みになっちゃいました。

『よし、俺様は店内パトロールだ』

ようやく膝から降りた純平くん。
店内の見回りにでかけます。

『異常なし!』

戻るの早っ!

『アホって言う奴がアホ…むにゃむにゃ…』

サンペイくんは何やら寝言を言っていますねぇ。

『レジ台で寝たいけどサンペイが陣取ってるからなぁ』

純平くんは椅子でくつろぐようです。
という事は膝に乗らなくていいんですね。

『おう!撫で係の膝は十分堪能したからな!』

『俺様は座布団の上でのんびりするよ』

『撫で係はこれから呑みに行くんだろ?』

残念ながら緊急事態宣言中、お酒提供しているお店はないんですよ。

『じゃぁ風呂か?撫で係ものんびりしてこいよ』

リラックスしながら見送ってくださった純平くん。
ではそろそろ移動するとしましょう。

丸吉玩具店さん、いつもありがとうございます。
また皆さんにお会いしに行きますね。
色々大変でしょうがお元気でお過ごしください!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。