2021年10月14日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

8月下旬の週末。
9月から改装で休業する小岩・友の湯さんに入浴。
お風呂上がりに猫さん達にご挨拶しております。

『もっと撫でてくださいな』

見つめてくるショウくん。

いつの間にか膝に乗って甘えてきています。

『あっちにトモ父さんがいますよ』

奥から隠れてこちらを見つめるトモちゃん。

ショウくんのお父さんなのです。

『ショウは撫でてもらっていいなぁ』

ケージの上から見つめるウニちゃん。

『ウニも降りてくればいいのに』

と言いながら膝を踏み踏みするショウくん。

『気持ちよさそうだなぁ』

『うん、気持ちいいよ!』

満足そうなショウくん。

ショウくんを撫でながら奥を見ると…
くぅちゃんが不思議な格好でお休みしてらっしゃいました。

さて、みニャさんにご挨拶して友の湯さんを後にするとしましょう。

ミーニャさんとグレさんにご挨拶して…

もしかして見納めになるかもしれない鉄道ジオラマをパチリ。

このジオラマにも楽しませていただきました。

『最後に可愛い誰かを忘れていませんか?』

あ、ゴン太くん!

では最後に可愛いゴン太くんと下足札をパチリとして…

友の湯さんを後にするとしましょう。

友の湯さんは12月中旬まで改装の為に休業。

ちょうど鉄道ジオラマや猫さん達のスペースが道路拡張で削られるそうです。
営業再開は楽しみですが、もう猫さん達にはお会いできないかもということです。

10月初旬、工事中の友の湯さんに来てみました。

シートが掛かっている辺りが道路拡張される所でしょうか。

脱衣所、浴室も改装中でした。

タイルも剥がされていますね。
メルヘンチックだったタイル絵も変更されるのかな?

友の湯さん、営業再開を楽しみにしています!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。