2021年10月27日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

10月の休日。
ドリプレローズガーデンに来ております。

門から受付の間にお会いした猫さん達。

『この人達、まだ受付済ませてないんだよ』
『早く受付に向かってください』

はい、受付に向かいますね。
と思ったら…

またまた別猫さん発見です。

茶トラさんが座って猫さん達を見つめています。

ちょっとシャイな感じですね。

おや?黒さんがジョウロに顔を突っ込んでいますね。

お水を飲んでいるようです。

『ほら、早く受付を済ましなさいよ』

は…はい。
白さんすみません。

お水を飲む黒さんに後ろ髪をひかれつつ…

案内板に沿って受付に向かいましょう。

いきなり「ネコがいます!!」の看板。

すでにお会いしていますがね。

薔薇のシーズンは有料なので料金を支払って受付。
出入りが自由にできるようにシール式のチケットが渡されます。

さらに猫さん達の紹介パンフも!

こちらのパンフと猫さんを照らし合わせながら「あの子はこの子で…」と楽しんだわけですが…
今回はお名前ではなく見かけで紹介させていただきますね。

受付を済ませると猫雑貨・猫グッズのコーナー。

猫写真家・punkumaさんの写真も展示されています。

お庭が見えるカフェの椅子ではハチワレさんがお休み中。

ぐっすりお休み中のハチワレさん。

こっそり肉球をプニプニさせていただきました♪

それでも熟睡していたハチワレさん。

さて、お庭を散策して薔薇を楽しむとしましょう。

続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。