2021年8月5日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

6月中旬の休日。
ランチをに武蔵新田・はやちゃんちにやってまいりました。

お店の外から窓を覗くと、看板猫バサラさんが椅子に乗って寝ているのが見えました。

気持ち良さそうに熟睡しています。

こんにちは。
ご挨拶して中に入ると、バサラさんはお着替え中。

浴衣に着替えたバサラさん。
『あら、また来たの』

はい、また来ましたよ。

『今日は常連の、がじ丸も来てるのよ』

常連のワンちゃんを紹介してくださったバサラさん。

こんにちは、がじ丸さん。

がじ丸さん、飼い主さんのバックをかじるのに夢中です。

名前どおりにガジガジガジ。

ニョロニョロが食べられちゃう!

ガジガジガジガジ…

『えい!』

ファスナーを引っ張って遊ぶ、がじ丸さん。

『ねぇ、ろっちさんのブログは猫写真ブログじゃないの?』

はい、そうですよ。

『犬ばっかり撮って…猫はどうでもいいわけ?』

でもね、バサラさんは自分を犬だと思っているんでしょ?

『そ…そうだったわね』

『まぁ撫でられると気持ちいいし、ろっちさんのブログのことなんてどうでもいいわ』

『バサラさん、気持ち良さそうだね』

撫でられるバサラさんを見つめる、がじ丸さん。

『あ…寝ちゃった』

バサラさん、丸まって寝ちゃいました。

では寝ているバサラさんを眺めながらレモンスカッシュと…

ハンバーグサンドでランチタイムとしましょう。

がじ丸さんとバサラさんを眺めながらランチタイムを楽しんで…
次回に続くのでございます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。