2021年8月28日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

7月の週末。
お肉が食べたくなってやってきたのは武蔵新田・はやちゃんちです。

『あら、いらっしゃい』

お店に入ると、ご挨拶してくださった看板猫バサラさん。

最近は猫用ビデオに釘付けだそうです。

熱心に画面を見ていますねぇ。

『お仕事しなくちゃ』

伸びをして…

匂いチェックをしに来たバサラさん。

『くっさ~っ!』

バリバリと爪とぎです。
って臭くないでしょ!

『他の猫の匂いが付いてて臭かったのよ!』

あ、それはあるかもですね。

『ほら、お料理が出来たから食べなさいな』

自分はいつものようにビフテキを。

レアのビフテキ。
柔らかくてボリュームあって「肉食べてる感」が凄いんです。

同行者のryanさんはハンバーグですか。

『よいしょ』

猫ベッドに移動してきたバサラさん。

のんびりとお休みになるようです。

『まだ食べてるみたいね』

こちらをチラッと見て…

毛づくろい。

そして寝てしまいました。

寝ていたバサラさん、寝返りを打ってゴロン。

その体勢は…誘ってます?

『お食事終わったんでしょ?撫でなさいよ』

やはり誘っていたようです。

撫で撫で撫で♪

『相変わらず撫でるのだけは上手いわねぇ』

うっとりした表情を見せてくださいました。

撫でるのだけって何やねん!
とバサラさんに突っ込んで、中編に続きます。
(はやちゃんち、9/12までは土日のみの営業だそうです。ご注意を)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。