2021年2月16日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

12月下旬の土曜日。
暮れのご挨拶に立石へ。

この日はモツ焼き・宇ち多゛の年内最終営業日。
大行列だろうなぁ、と思いつつ丸吉玩具店さんに行く前に覗いてみると、ほとんど行列が無いではないですか!
すぐに入店。

焼酎の梅割りをいただいて…

タンナマ、アブラとハツ一本づつお酢をいただきます。

土曜にハツを食べられるなんて!

カシラも残っていたので、素焼きお酢で。

梅割りお代りして、煮込みアブラのとこ。

レバー素焼きお酢。

梅割り3杯目とアブラ味噌よく焼き。

ガツを塩で。

最後はシロ素焼き良く焼きお酢。

口の中をさっぱりさせて、いつもどおりの2000円。
ごちそうさまでした。

半分諦めていた宇ち納めをすることができて大満足♪
丸吉玩具店さんに向かいます。

店頭には鬼滅のおもちゃ。

店内も鬼滅のおもちゃ。

鬼滅一色ですねぇ。

『値付けで忙しいよ』

レジ台ではサンペイくんが値付けのお手伝い中。

偉いですねぇ(アホなのに)

『ちょっと、いまアホって言ったでしょ!』

いや、思っただけで言ってないですよ~

撫でてごまかす自分ですが…

『アホって思っただけでもアホなんだからね!』

いつもとはちょっと変わったフレーズが生まれてしまいました。

『あ、撫で係。待ってたぞ~っ!』

純平くんが伸びをしながら登場です。

でも写真が多くなったので、純平くんの写真は後編でお届けするとしましょう。
『撫で係がモツ焼きの写真をいっぱい載せるからだろうが!』
ま、そうなんですけどね。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。