2021年2月12日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

とある神社。
参拝に伺うと…
猫さんがいらっしゃいました。

白が多いキジ白さんと…

キジが多いキジ白さん。

尻尾マフラーが素敵ですね。

『あ、近づいてきた』

ご挨拶をと近づくと立ち上がったキジ白さん達。

『一緒にあっちに隠れよう』『うん』

二匹揃って社務所の影に行ってしまいました。

おや?入れ替わりにキジさんが出てきましたよ。

『参拝かい?作法を教えてあげるよ』

これはこれは…ありがとうございます。

『まずここで…』

手を清めるんですよね!

『猫の話をちゃんと聞きなさい!』

イカ耳で怒られてしまいました。
すみません。

『まずここでね』

はい、ここで?

『この水を…』

水で手を清めるんですよね?

『飲むんだ!』

え?
手を清める前に飲むんですか?

『まずは体の中を清める!』

そうなんですね。

『あぁ…清められていく…』

単にお水が飲みたかっただけのようですが。

『体の中を清めた後は…』

あれ?手は清めないんですね。

『そう、次はね』

はい、次は…

『体を清める!』

お水を飲んだ後、毛づくろいを始めたキジさん。

猫さんの作法は人間には合わないようですね。
人間の作法で手と口を清めて参拝しましょう。
でも…キジさん、教えてくださってありがとうございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。