» 2020 » 3月 » 01のブログ記事

2月上旬の休日。
やってきたのは猫の広場。
猫仲間から「広場が閉鎖される!」と聞いて、慌ててやってまいりました。

ホントだ。閉鎖のお知らせが。

広場拡張の為の一時閉鎖だそうです。
と言っても3ヶ月の閉鎖。長いなぁ。

そんな広場ではスミレさんがお休み中。

『いらっしゃい』

ご挨拶してくださったスミレさん。

暖かい日差しを浴びながら毛づくろい。

まろくんは隅っこで寝ていますねぇ。

まろく~ん、モフモフしない?

『寝てた方が気持ちいいから…ぐぅ…』

日差しを浴びてお昼寝する、まろくん。

ではスミレさんにご挨拶しましょう。

指を出して…

そのまま撫で撫で。

喉も撫で撫で♪

気持ち良さそうなお顔を見せてくださったスミレさん。

あ、そのまま寝ちゃった。

まろくんも熟睡して自分の相手をする気はなさそう。

スミレさんも再び毛づくろい。

気持ち良さそうにペロペロ。

二匹ともまったりと過ごしていますねぇ。

閉鎖になる広場だけど、皆さんは飼い猫だったり地域猫だったり居場所がある猫さん達。
まったりするのは、しばらく他の場所になるけど…
お元気でね。

スミレさんをまた撫でると…

自分の手を枕にして、また寝ちゃいました。

しばらくそのまま撫でさせていただいて…
そっと手を引いて、広場を後にするとしましょう。

次にお会いするのは近くの駐車場かな?路地裏かな?
なんて思っていたのですが…
閉鎖される前日にお休みが取れて広場の猫さん達にお会いしに行ったので、次回はその時の様子をお届けするとしましょう。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。