» 2020 » 3月 » 08のブログ記事

1月の週末。
谷中の保護猫レストラン・宿木カフェさんにお邪魔しています。

レジ台でのんびりするポニョ美さん。

ミルさんは床のチェックでしょうか。

サンパさんはキャットウォークで毛づくろい。

りんごさんはエリザベスカラー代わりのクッションを枕にしてお休み中。

『この人は何ウロウロしているんだろう?』

そんな感じで見つめるピートさん。

ディオさんはクッションでお休み中。

指を出したら…

ペロッと舐めてくださいましたよ♪

『この指、変な味するけど美味しそう!』

この指を美味しそうって言うなんて…
ディオさん、呑兵衛の素質ありますよ!

『噛みごたえもあるしね』

そうそう、噛みごたえも!

ってディオさん、噛んじゃダメ!

ガシガシガシガシ…

自分の指を噛み続けるディオさん。

舐めたり感出ししてくださるのは嬉しいですが…

さすがに痛いですねぇ。

『あ、痛かった?ゴメンナサイ』

またペロッと舐めて痛みを癒やしてくださったディオさん。

『さ、お料理が来ましたよ!』

サンパさんが降りてきて知らせてくださいました。

いつものように黄桜酒造のラッキーキャットと…

焼きチーズで週末の昼酒を楽しみます♪

お知らせくださったサンパさんは、いつの間にかキャットウォークに戻ってお休みに。

下から見上げるとこんな感じ。

肉球が素敵です♪

『なんかうるさいですねぇ』

サンパさん、起こしてしまいましたか。
すみません。

その横ではリタさんがおやすみ中。

『下から肉球見つめてニヤニヤするなんて、変な酔っぱらいですね』

上から怒られてしまいました。

すみませんと謝りつつ肉球を見上げ続け…
後編へと続くのです。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。