2022年7月21日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

6月の週末。
町屋のパリジャンカフェさんでカフェ猫呑みを楽しんでおります。

グテ~っと床に横たわる看板猫キューちゃん。

撫でさせていただきます。
『う…これは…』

気持ちいいでしょ?

『眠くなってきました』

そうでしょう!そうでしょう!

撫で撫で撫で…

『お酒臭い手で撫でないでください!』

いきなり反撃してきたキューちゃん。
ビックリした!

キューちゃん、うちわで扇ぎますから落ち着いてくださいな。

『それは特製のキューちゃんうちわですね?』

キューちゃんの写真を散りばめられた特製のうちわのようです。

『もっと気持ちいい風をください』

尻尾をパタンパタンさせて風を要求するキューちゃん。

『あ…お客さんが来てしまいました』

お客さんがいらっしゃったので、慌てて起き上がったキューちゃん。

『あの席の下が良かったのに…』

ちょっと残念そうですねぇ。

『またお客様です!いらっしゃいませ!』

キューちゃん、お仕事モードに入ったようですね!

『お仕事?それはなんですか?』

あ、またグテ猫モードになっちゃった。

ではでは、またまた指でご挨拶してみましょう。
『またこの指ですか』

と言いつつ指の匂いを嗅いでくださったキューちゃんですが…

『お酒臭い手は要らないって言ってるでしょ!』

わ~っ!齧らないでください!

『ペッ!お酒臭かった』

お口直しに椅子の匂いを嗅いでスリスリしたキューちゃん。

『邪魔されない場所でのんびりしましょう』

2階に戻って行ってしまったのでございました。

自分達もバイスサワーを呑み干しましたし…
移動するとしましょう。
パリジャンカフェさん、ごちそうさまでした!
キューちゃん、またね♪

 

 

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2022年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。