2022年7月4日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

5月下旬の週末。
色々散歩して回りまして…
やってきたのは西荻窪。
天狗湯さんに入浴後(看板猫さん達にはお会いできなかった…)
ミルチさんにお邪魔します。

お風呂上がりのビール♪

『いらっしゃいませ』

階段下のベッドからご挨拶してくださった、看板猫ちゃいろさん。

『どうぞ、ごゆっくり』

あれ?歓迎の舞いは披露してくださらないのですか?

『今日はあまりやる気がありません』

ベッドから動かない、ちゃいろさん。

お酒のつまみに、チキンラシミカバブをいただきましょう。

『ちゃんと食べて呑んでいますか?』

はい、ちゃんと呑んで食べていますよ!
ちゃいろさんこそ、ちゃんと仕事してくださいな。

『ちゃいろはやる気が無いと言っているじゃないですか』

やる気が無いのを熱弁されてもねぇ。

なんて思いながらチキンカレーをいただきます。

お酒は酎ラッシーに変更。
焼酎のラッシー割りなんですが、これが呑みやすくて何杯も呑んじゃうんですよ!
ねぇ、ちゃいろさん!

『すぅ…』

返事がない。
熟睡しているようだ。

『寝ているのに話しかけないでください!』

あ…起きた。

起きたちゃいろさんを撫で撫で♪

『勝手にちゃいろに触らないでください!』

手を押し戻されてしまいました。

『ここではゆっくりできませんね』

『ちゃいろのプライベートスペースに上がるとしましょう』

ちゃいろさん、階段を上がって2階に行ってしまいました。
ミルチさんの許可を貰って、自分も2階に上がってみるとしましょう。
続きます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2022年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。