2022年1月25日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

11月下旬の週末。
紅葉と猫さんを楽しみに松山庭園美術館に来ております。

青空に映える紅葉。

本館のラウンジでは、ケンちゃんが扉にスリスリしていました。

こっちにもスリスリするケンちゃん。

もしかして自分にも?
と思って指を出してみると…

クンクンと匂いを嗅いで…

スリッ♪

ケンちゃん、ありがとう!

おや?テーブルの下にはチビ茶白さんがいらっしゃいますね。

こちらも新顔さんです。

ストーブの前でぬくぬくとお休みになるチビ茶白さん。

『あれ?こんなとこで寝てる』

そこにチビ三毛さんがやってきました。

『ストーブの前で寝ていないでパトロールに付き合いなさいよ』

またまたパトロールに行ってしまったチビ三毛さん。

『パトロールなんかより寝てた方がいいもん』

『ぐぅ…』

チビ茶白さんは、のんびりとおやすみになるのでございました。

『さて、展示のご案内をしましょうか』

ケンちゃんがご案内してくださったので、本館の展示を拝覧します。

『ここからは立入禁止です』

はい。比木画伯のアトリエやプライベートスペースですね。

『そろそろ画伯や館長さんもお見えになると思うんだけど…』

『まだいらっしゃいませんね』

ご夫妻にお会いできるのを楽しみにしてきたんですが…
残念。

『多分上でお仕事中だとお思います』

ケンちゃん、ご案内ありがとうございました。

さて、外に出て紅葉をもう少し楽しむとしましょう。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2022年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。