2022年1月28日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

12月中旬の週末、西荻窪へ。

まずは天狗湯さんに入浴。

看板猫さんにはお会いできなかったけど、のんびりとお湯に使ってリラックス。

お風呂上がりの晩酌は、柳小路に移動してミルチさんです。

お店に入ると、階段に看板猫ちゃいろさんが陣取っていました。

ちゃいろさん、相変わらず冬毛でモフモフですね!

『あ、ろっちさん。いらっしゃいませ』

ご挨拶してくださった、冬毛でモフモフのちゃいろさん。

モフモフの冬毛に乾杯!

風呂上がりのビールをいただきます。

キムチも一緒に食べちゃいましょう♪

冬毛でモフモフのちゃいろさんは、ママさんに撫でられて…

ゴキゲンの表情。

頭を撫でられて気持ちよさそうな、冬毛でモフモフのちゃいろさん。

いや、本当に気持ちよさそうですねぇ。

お礼にママさんの手をペロッと舐める、冬毛でモフモフのちゃいろさん。

『冬毛ってうるさいですね。ほら、お料理を食べてください』

はい。
決して太っているんじゃなくて、冬毛でモフモフなだけですもんね!

ホウレンソウ炒めをいただきます。

野菜の味が濃くて美味しい!

『ご自慢の農園で育ったホウレンソウです。美味しいのは当たり前です!』


ちょっとドヤ顔の、ちゃいろさん。
そんな冬毛でモフモフのちゃいろさんを眺めながらビールを呑んで…
次回に続くのでございます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2022年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。