2021年12月6日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

岩の湯さんに入浴後、副都心線→田園都市線と乗り継いで風呂上がりのビールを呑みに向かったのは…
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんです。

日が暮れるのが早くなり、夕方に訪問しても看板にライトが付く季節になってきました。

奥の猫店員スペースに入ると、猫店員さん達は専用デスクでお休み中です。

『あ、ろっちさん。いらっしゃい』

さつきさんが目を覚ましました。

すぐに椅子によじ登ってきたさつきさん。

風呂上がりのビールと一緒にパチリ♪

『さ、早く撫でてくださいな』

はいはい。
撫でますけどね。

足が自分の足を蹴ってますよ!

『さつきはろっちさんが来たのが嬉しくて興奮してるんだよ』

チョボ六さん、そうなんですかねぇ?
まぁそういう事にしておきましょう。

さつきさんを撫で撫で撫で…

今度はお尻が丸見え状態!

お客に尻を向けたり足蹴にしたり。

『猫店員だから許されるでしょ?』

そうなんですよ。
これもまた嬉しかったりするんですよねぇ。

『チョボ六は熟睡しちゃってるね』

どれどれ?

目を開けては居ますが、完全にお休み体勢ですねぇ。

『ぐっすり寝ちゃってるよ』

読太さんは目を覚ましたようです。

毛づくろいを始めた読太さん。

足をペロペロ。

大事な所もペロペロ。

毛づくろいをする読太さんを眺めながらさつきさんを撫でつつビールを呑んで…
次回に続くのでございます。
(Cat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。