千住の宿で鉄と猫・猫編(5) | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

北千住シリーズ猫編その5。
これからはずーっと猫写真ばかりです。
鉄写真はもう出てきません(多分)

北千住シリーズ
鉄編    
猫編     5(今ここ)     10 11 12 13 14

実は今回、編集の都合上猫写真が少ないので、北千住の建物の写真から。

江戸時代から続く医者、名倉医院。
01
関東一円に知られたほねつぎだったそうです。
名倉って屋号の病院はあちこちにあるけど、分家や暖簾分けなんでしょうね。


説明板。
02

ここが旧日光街道と旧下妻道の追分だったのかな?
03

交差点に立つ旧家。
04
かなり大きいお宅です。
北千住にはこう言う旧家が結構あり、街歩きが楽しめます。
ちなみに奥に見える煙突は銭湯・梅の湯の煙突(未入浴)。
梅の湯と言う屋号は北千住駅東口の宿場町通り近くと西口の学園通り近くの2ヶ所あるので注意。

北千住駅西口正面の通り、イトーヨーカドー手前にある大橋眼科。
06
調べてみると…1982年に改築された建物だけど、旧建物をイメージして改築されたとの事。
改築の際は都内の近代建築の部材も利用したとか。
興味ある方は『北千住 大橋眼科』で検索してみてください。

実を言うと、街歩きをしてこう言うちょっと古い物とか変わった物を見つけるのが好きでして。
こう言う写真を撮るついでに猫を撮ってみたら面白くなっちゃって、最近は猫が目当てか街歩きが目当てかわかんなくなっている状態だったりします。

さて、お待たせしました。
猫さんの写真です。

フェンスで仕切られた空き地にサビ猫さんがくつろいでいました。
07

顔の真ん中で綺麗に模様が分かれてますねぇ。
08

『顔の事言うな!』べーっ
09
あ、嫌われたかな?

この猫さん、全く動こうとはしないのでこの日はこれでさよならしたのですが、別の日に行ってみるとまた居ました。
この辺りが縄張りなんですかねぇ。
11

この日はフェンスの近くに居ました。
『なんだなんだ?』
12

シルエットが綺麗だったので逆光で。
13

秋のわずかな日差しをいっぱいに浴びていました。
14

次回は今回よりも猫写真多めでお送りします。

北千住シリーズ
鉄編    
猫編     5(今ここ)     10 11 12 13 14

ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。