千住の宿で鉄と猫・猫編(13) | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

北千住シリーズ猫編その13。

長きに渡ってお送りしてきました北千住シリーズ。
今回と次回、前後編でお送りする猫缶お食事猫さんをもって終了です。
あと2回、よろしくお付き合いくださいませ。

北千住シリーズ
鉄編    
猫編          10 11 12 13(今ここ) 14

10月上旬の日曜の朝(古い話ですみません)。
狭い路地で猫缶に顔を突っ込んでお食事中のサビ猫さんが居ました。
01
実はこのサビさんが北千住で最初に見た猫さんなのです。
最初に見た猫さんを最後に紹介するのは…写真が多すぎて前後編になっちゃったからだったりします。


ちょいちょいと缶の横にくっついているまぐろを落とすサビさん。
02

ズボッと顔を突っ込んで一心不乱に食べています。
03

『ぷは~っ!』
04
缶のままだとやはり食べ辛いのでしょう。

『ん?あんた誰?』
05

一旦こっちを見たけど、食事の邪魔しなけりゃかまわないって感じで再び缶に顔を突っ込むサビさん。
06
前足の指に缶詰のまぐろが挟まっているのがポイント。

『ぷは~っ!』
07

ちょいちょい。
08

『くっついてる塊が取れないなぁ』
09
缶が回転してますよ。

『この隅の方の塊が…』
10

『う~ん…どうしたら食べやすいかなぁ』
11
思案するサビさん。

ふと横を見ると…茶トラさんが登場です。
12
あどけなさがまだ残る茶トラさんですね。

どんぐりまなこで見つめられてしまいました。
13

困ったような表情を見せる茶トラさん。
14

もう一回こちらを見て…
15

お食事中のサビさんに近寄って行っちゃいました。
16

さてどうなる?
後編に続きます。

北千住シリーズ
鉄編    
猫編          10 11 12 13(今ここ) 14

ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。