千住の宿で鉄と猫・猫編(6) | 街を歩けば そこに猫

« 前の記事:

次の記事: »

北千住シリーズ猫編その6。

写真の整理は終わったのですが、予定で行くと猫編は14まで行きそうです。
まだ折り返してもいないんですね。いやはや、我ながら撮りすぎ。

北千住シリーズ
鉄編    
猫編      6(今ここ)    10 11 12 13 14

今回はまずペットボトルからご紹介。

V字に並んだペットボトル。
01
結構前から並べてあるみたいですが、ここまで綺麗に並べるとアートの世界ですね。


電柱に巻かれたペットボトル。
02
これは犬のマーキング除けかもしれませんね。

この電柱の周りにもペットボトルが。
03
マーキング除けなのか?マーキングした後を洗い流す為にペットボトルを置いてあるのか?
どっちなんでしょう?

点々と置かれるペットボトル。
04
等間隔に寝かされたペットボトル。
これでは猫にまたがれるだけだと思いますが…

聞いた話ですが、植え込みに猫が来て困っている人は植え込みの周りにずらりとペットボトルを並べる事が多いそうです。
ペットボトルは猫除けにはならないので並べるよりも猫除けグッズを使った方がいいのですが、並べている人もすでにそういう事はわかっていて、猫の被害は変わらないけども植物に水をやる時にペットボトルの水を使えばいいので楽なのだから置いたままにしているとか。
んで水が無くなったらまた入れて並べておく、と。
ちまたで見るペットボトルもすでに猫除けの為でなく、植物への水遣りの為の物になっているのかもしれませんね。

さて、猫写真に行きましょうか。

夕暮れ時、路地を覗くと猫さんがゴロンゴロン転がっていました。
06
その横に白黒さんもいらっしゃいますね。

『ん?』
07
あ、気付かれた。

『見かけない奴がいるぞ』
08

『逃げろ~っ!』
09
白黒さんも一緒に逃げて行ってしまいました。
ガックリ。

こちらは塀の上に居たサビ猫さん。
10

『べーっ』
11

このサビ猫さんはいつもこの塀の上に居るようで、別の日に行った時も見かけました。
12
また来たか、って感じで見下されてしまいましたが…

サビ猫さんが居た場所の近く、ひさしの上に居た猫さん。
13

この猫さんもこのお宅の屋根やベランダでいつも寝てます。
14
ここの猫なのかな?

アップでお顔を…と思ったら、向こうから薄目で観察されてました。
15

↑の猫さんを見ていた時、背後に気配を感じて振り返ると…
凶悪な顔(失礼)をした三毛さんが。
16
この三毛さんはすぐに姿を消してしまいました。
柱にペットボトル巻いてあるのは爪とぎ除けなのでしょう。

またまた別の日、サビ猫さんを見に来てみると…
あれ?後姿の感じが違う。
17

この日は(凶悪顔じゃない)三毛さんが門番の日だったようです。
18

北千住・猫編。
次回でようやく半分です。

北千住シリーズ
鉄編    
猫編      6(今ここ)    10 11 12 13 14

ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。