« 前の記事:

次の記事: »

北千住シリーズ鉄編その4。
鉄編最終回の今回は荒川橋梁の写真。

北千住シリーズ
鉄編    4(今ここ)
猫編          10 11 12 13 14

北千住駅から北側に向かって歩くと荒川の堤防に突き当たります。

東武線、荒川堤防手前のレンガ積み土台部分。
01
現在は使われていない土台のようですが、せっかく残っているものですから鉄道文化遺産として綺麗にして欲しいものです。


荒川の堤防に上がると、ちょうど上りのスペーシアが通過して行くところでした。
02

東武伊勢崎線荒川放水路橋梁。
03
対岸に小菅駅が見えますねぇ。

東武線とつくばエクスプレスの橋梁越しに見える常磐線。
04

複々線の東武線、左が下り。右が上り。
05

下から見上げた東武線。
06
東武は下から空が見える橋が多いのかなぁ?

東武とつくばエクスプレスの間に移動。

下りのスペーシアが通るのを待って撮ってみました。
07

つくばエクスプレス。
08

堤防に上がって東武線を見る。
09

こんな案内板発見。
10
歩道も無い堤防で誰が見るんでしょうねぇ?
あ…俺か。

堤防から降りて、つくばエクスプレスと常磐線の橋梁の間に立つ。
11
白い棒が立ってるのが気になりますね。
近くで見てみましょう。

占用地境界の票杭でした。
12
つくばエクスプレスの物ですね。

あれ?東武じゃ見かけなかったなぁ、と探してみると…
草に埋もれていました。
13

こちらはJRの物。
14

常磐線と千代田線の橋梁の間。
16

そして東京メトロの票杭。
15

さらにその横には足立区の票杭。
17
すぐ横にグラウンドがあるからでしょう。

あれ?千代田線は荒川橋梁なんだ。放水路橋梁じゃないんだね。
18

堤防に上がって千代田線の橋梁を見る。
19

つくばエクスプレス、JR、千代田線の間からも堤防に上がって間近を通過する列車を見る事も出来ます。
金網など障害物が多いので撮影には向かないでしょうがね。

この河川敷。天気のいい日に土手に座り、列車を眺めながらお弁当食べると気持ちがいいですよ。
でも、東武とつくばエクスプレスの間に座っちゃうと、右に左に首を動かしながら食事する羽目になるのでご注意。

以上、4回に渡ってお送りしてきた北千住シリーズ鉄編はこれで終わり。
次回からは延々と猫編が続きます。

ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログへ

鉄道コム

北千住シリーズ
鉄編    4(今ここ)
猫編          10 11 12 13 14

« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。