2022年9月27日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

7月下旬の週末。
武蔵新田はやちゃんちで看板猫バサラさんを横に猫呑みを楽しんでおります。

『おやつ、ごちそうさまでした』

おやつを食べ終えたバサラさんを…

撫で撫で♪

『相変わらず撫でるのだけは上手いわねぇ』

撫でるのだけってのは余計です!
とツッコみながら…

撫で撫で撫で♪

『もう…気持ちよくて寝ちゃいそうになっちゃったじゃない』

瞬膜出てますもんね。
寝ぼけ眼のバサラさんも可愛いですよ!

さて、そろそろ帰るとしましょうか。
『ママ!ろっちさん…』

『お会計だって!』

『支払いはPayPayよね?ジャンボ当たるかな?』

ワクワクした目で見つめてくださったバサラさんですが…

あれ?
『ハズレたわね』

ガッカリして帰ろうとすると…

『しょうがないからお見送りしてあげるわよ』

バサラさんがお見送りしてくださいました!

『バサラが見ていてあげたのにハズレた運が無いろっちさんをね』

あ~…はいはい…
運が無い自分を見送ってありがとうございます。

お礼の撫で撫で♪

『バサラはねぇ、最近この鳥籠がお気に入りなの』

何故かお気に入りを教えてくださったバサラさん。

『今度来る時はバサラが当ててあげるわよ!』

はい、そうしてくださいね。
最近猫さんパワーが弱ってきたのかペイペイジャンボが全然当たらなかった自分でございました。

あ…
はやちゃんちさん、いつもありがとうございます。
ごちそうさまでした!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2022年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。