2022年9月9日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

とあるお寺の門前。
キジ白さんが座っていました。

こんにちは。

『あっ!知らない人が来た』

立ち上がったキジ白さん。

『シンノスケさんに相手してもらいなよ』

え?シンノスケさん?

『なんだい?賑やかだねぇ』

顔を出したキジトラさんは…
シンノスケさんじゃないですか!
お久しぶりです!

さっそく撫でさせていただきます♪

撫で撫で撫で…

『この撫で方…いつも撫でてくれてた人だね』

そうです!

猫さん達が暮らす、とあるお寺。
参拝者のマナーが悪くて現在は檀家の方々しか参拝できません。
猫さん達はたまに門の所まで来ているのですが…
ここまで出てきてくださっているのにお会いするのは初めてですねぇ。

『説明はいいから撫でてください』

はい、撫で撫で撫で♪

『気持ちいいねぇ』

顔を擦り付けてくるシンノスケさん。

まだまだ撫で撫で。

撫で撫で撫で撫で♪

しゃがみ込んだシンノスケさんの喉を撫で撫で♪

自分の手に顎を乗せてお休み体勢になってしまいました。

そして…

ゴロ~ン!

さっそくモフらせていただきます!

『モフられるのも久しぶりだねぇ』

そうですね。
シンノスケさんをまたモフる事ができるとは思いませんでしたよ。

モフモフモフモフ♪

『ふぅ、気持ちよかったよ』

こちらこそありがとうございました!

最後にひと撫でして…

『また会ったら撫でモフしてくださいな』

もちろんですとも!

シンノスケさん、お元気そうで安心しました。
またお会いしたいけど…
門前まで来ると車が通るから気をつけてくださいね。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。