2022年9月10日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

7月上旬の週末。
三軒茶屋の猫店員さんが居る猫本だらけの本屋Cat’sMeowBooks(キャッツミャウブックス)さんにやってまいりました。

いつものように奥の猫店員スペースで大ジョッキをいただきます♪

この日は、とあるグッズを購入。

『何を買ったの?』

読太さん、それはですね…

“俺、つしま”の、つーさん扇子です!

ほらほら、つーさんが大きく描かれているんですよ♪

『読太扇子はないんだね』

それは…ニンゲン店主に頼んでみてください。

読太さんの横では、さつきさんが熟睡中です。

チョボ六さんはキャットウォークの角でお休み中。

ぐっすり眠るチョボ六さん。

肉球を見上げてパチリ♪

『肉球なんか撮ってないで…さつきに相手してもらってくださいな』

でも、さつきさんもお休み中ですからねぇ。

『あ、いらっしゃいませ』

さつきさんが目を覚ましました!

『え~っと…誰だっけ…』

ガクッ。
寝ぼけているみたいですねぇ。

『見た事あるんだけどなぁ』

『え~っと…』

『ろっちさんだ!』

はい、ろっちさんですよ。

『今降りて行くからね』

起きて歩き出した、さつきさん。

読太さんの上を通ります。

『さつきに跨がれたっ!』

本棚の穴を通って降りてきた、さつきさん。

いつも通り、隣の椅子に乗ってくれるかな?
降りてくるさつきさんを目で追いながら…
後編に続きます。
(買い物をした上でCat’sMeowBooksさんから許可を得て猫店員さんや店内の写真撮影をしています)

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。