2022年9月19日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

6月中旬。
雨の週末。

猫呑みの締めにやってきたのは、新橋の家庭料理てまりさんです。

まずはビールを頂いて…

横を見ると茶白さん二匹が箱にみっちり。

ハルちゃんとキクちゃんですね。

その横をトラちゃんが巨体を揺らしながら歩いていきます。

奥の椅子ではヨチャロウさんが熟睡。

お料理は…
春雨サラダ。

ピーマン肉詰め。

『鯖竜田揚げも美味しいですよ』

うん、ハルちゃん。
頼もうか迷っていたんですよね。

食べちゃいましょう!

『さ、お仕事しますよ!』

トラちゃんが入り口で叫んでいますね。
外は雨だけど営業に行くんですか?

と思ったら、接客業務でした。

尻尾をピンと立てて接客するトラちゃん。

『じゃぁキクちゃんも接客しましょうか』

起きて伸びをしたキクちゃん。

自分の膝に乗ってきてくださいました♪

膝のキクちゃんを撫で撫で♪

『キクちゃんは膝乗りが好きだねぇ』

そう言うコツブさんも座布団に乗るのが好きですねぇ。
しかも2枚重ねだし!

テーブルの下の箱には…パンツくん?

いや、イチくんでした。

『パンツ兄ちゃんは隣の箱だよ』

 

 

『キクちゃん!なんで教えるの!?』

フフフ…パンツくん発見!

『しょうがないです。さっさとお仕事を済ませましょう』

はい、パンツくん。

イカ耳でのヤラセ写真、ご協力ありがとうございました!

『パンツ兄ちゃん、いつも大変だねぇ』

ヨチャさんもいずれヤラセ写真に協力してもらいますからね!

さて、もう閉店時間です。
そろそろ帰らなくては!
てまりさん、今回もごちそうさまでした!

もう一回、てまり猫さんズにお付き合いくださいませ。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。