2022年5月16日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

1月末。
新橋の家庭料理てまりさんで猫呑みを楽しんでおります。

『ハルちゃん、パトロールお疲れ様』

ハルちゃんを迎えるトラちゃん。

君も一緒にパトロールに行ったはずなんですけどねぇ。

なんて言いながら撫で撫で♪

猫さん達はごはんタイム。
一旦食べに行ったトラちゃん。

『撫でてくださいな』

戻ってきた所を、また撫で撫で。

豊満ボディを向けて来たので、続いて腰ポンポンです。

小上がりの箱では、シーちゃんが熟睡中。

テーブルの下の箱には…パンツくん!
『あ…見つかってしまいました』

すかさず確保します!
『やっぱり捕まってしまいました』

『さ、ヤラセならさっさと済ませてください』

諦め顔のパンツくん。

でも…ちょうどボトル空いて片付けられて…
一升瓶が無いんですよねぇ。

『それなら寝かせてください』

腕の中で眠ろうとするパンツくん。

ちょっとだけ付き合ってくださいな。
『一升瓶無いのにヤラセ写真撮るんですか?』

 

 

はい、こうやって手を置いてね…

マスター、パンツくんに新しいボトルを!
『は?』

『新しい一升瓶は重いからイヤですよ』

うん、そうですよねぇ。

『でもボトルは入れていってくださいね』

営業上手なパンツくん。

『ところで、ろっちさんのお酒は何でしたっけ?』

これですか?芋焼酎ですよ!

『どれどれ?うん、いいお酒です』

ですよね!
では新しいボトルをお願いします!

『新しい一升瓶は抱きませんからね!』

はい、パンツくん。
ご協力ありがとうございました!

パンツくんの出番は終わったけど…
まだ呑んでいきます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2022年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。