2021年9月4日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

7月下旬の休日。
小岩の友の湯さんのツルツル軟水風呂に入浴後、特別に許可を頂いて猫さん達にご挨拶しております。

ケージ上段にはペコさん。

反対側にグレさん。

指を出してご挨拶してみますが…

興味なさそうですねぇ。

ケージ中段にはウニちゃん。

『こんにちは!撫でてくださいな!』

甘えてきたウニちゃんを撫で撫で。

お返しに毛づくろいをしてくださいました♪

この様子を偉そうに見つめるのはショウくん。

キャットタワーの最上段にはクリリンさんがいらっしゃいます。

中段では、くぅちゃんがお休み中。

一番奥にはモーリーさん。

爪とぎに入っておやすみになるところです。

『あのね』

はい、ショウくん。

撫でて欲しいんですか?

撫でると…
ちょっと違う雰囲気ですねぇ。

『あっちに元気が居るよって言いたかっただけなのに』

あ、そうなんですね。

爪とぎに入って眠る元気くん。
奥にはトモちゃんもいらっしゃいますね。

キャットタワー横のケージではパンちゃんがお休み中。

パンちゃんこんにちは。

指を出してご挨拶して…

そのまま撫で撫で♪

でもお休み中ですからね。
ちょっとだけにしておきましょう。

『起きちゃったよ!』

ごめんなさい、起こしちゃいましたね。

『もっと撫でてよ~』

寝ぼけ眼で見つめてくるパンちゃんを…

撫で撫で撫で♪

皆さんにご挨拶してパンちゃんを撫でながら…
後編に続けるとしましょう。

友の湯さんは9/1より12月中旬まで改装の為休業中です。
ご注意ください。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。