2021年9月17日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

8月上旬の週末。
武蔵新田・はやちゃんちにお邪魔しています。

毛づくろいを終えたバサラさん。

『さ、ちょっと遊ぼうかな』

遊ぶんですね?
ネコジャラシを用意しましょうか?

なんて自分の声を聞かず…
猫用ビデオが映し出されるテレビの前に移動したバサラさん。

夢中で画面を見つめます。

『えいっ!』

画面に飛びつくバサラさん。

『隠れちゃダメ!』

両手で捕まえようとしますが…
当然捕まりません。

『次は鳥?』

『鳥には興味ないのよねぇ』

鳥が出てきたら興味をなくしてしまったバサラさん。

『ママ!ネズミがいいの!』

ママさんに訴えます。

ネズミが出てくるビデオに変えたら、すぐに反応するバサラさん。

『そこに隠れてるのね!』

画面かぶりつきで見つめます。

『あ、あっちに出てきた』

『えいっ!』

バサラさん、テレビが倒れてしまいますよ!

『えいえいっ!』

ビデオに夢中で聞きやしないバサラさん。

あ、いけません。
もう閉店時間です。
ビデオに夢中になるバサラさんをもっと見ていたいですが、帰らなくてはいけませんねぇ。

『え?お見送りなの?』

はい、お見送りに出てきてくださってありがとうございます。

『今日もありがとうございました』

はい、こちらこそありがとうございました。

『ママ!早くビデオの続き!』

お見送りのお仕事よりもビデオを見たいバサラさん。
中に入って続きを楽しんでくださいね。

はやちゃんちのママさん、バサラさん、常連の皆さん。
今回もありがとうございました。
またお邪魔します。
ごちそうさまでした!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2021年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。