« 前の記事:

次の記事: »


あの人工島と書けば、このブログではどの島の事を言うか皆さんもうご承知のはず。
その島の空港が見える公園。
A滑走路が真ん前に見える場所に展望台(と言う名の休憩スペース)があります。
滑走路が真ん前に見えると言っても、離陸する時も着陸する時もこっち側は飛ばないので飛行機の姿は見にくいですけどね。
でも離陸する時(南風時)の地響きとかは迫力あるので、KHJ訪問の際は一度行ってみてください。

さて、その展望台に三毛さんが住み着いていました。
01

自分もこちらの方まで足を伸ばす事は少ないので、この三毛さんとは初対面。
02
人懐っこい三毛さんで、撫でたら気持ちよさそうにしてくださいました。


この三毛さんとお会いした数日後の休日の朝。
三毛さんいるかなぁ?と展望台に行ってみると…姿が見えません。
ここに住み着いているんじゃないのかな?
などと思っていると、茂みがガサガサ音を立てます。
茂みにカメラを突っ込んでみると…
三毛さん発見。
03
他にチビもいるようですね。

あ、居た。
04

チビ三毛も居るようです。
05

と、茂みを覗いていると…
釣り人が猫の餌を持ってきてパカッ。
ぞろぞろ出てくる猫さんズ。
06

三毛さん、ご飯を食べつつ『にゃぁにゃぁ』鳴いて子猫たちに『ご飯だよ』って伝えています。
それでも来ないのでチビ達を呼びに行く三毛さん。
食事中のチビ達。
07

このキジ白さんは一足先にお腹いっぱいになったようですね。
08

食事するチビたちを見守る三毛さん。
09

自分はそれほど食べていないのに…
母の愛ですねぇ。
10

さっきのキジ白さんがまた出てきました。
11

『まだ食べてんのかよ』って感じで一瞥するキジ白さん。
12

もう一匹のキジ白さんも食事終了のようです。
13

食事が終わるとさっさと退散。
裏の茂みにピョン!
14

茶白さんもお腹いっぱいのごようすですね。
15
黒白は最初っから最後まで食べっぱなしだな。

『美味しかったぁ』
お母さんに報告するキジ白さん。
16

黒白さんもようやく食べ終わって…ピョン!
17

茶白さんも満足そうです。
18

それを見守る三毛さん。
19
三毛さん、子供たちがたべのこしたご飯を綺麗に始末しておりました。
母の愛だねぇ。

見返り美人の茶白さん。
20

この写真を撮らせてくれた後…茶白さんもピョン!
21
残ったのは三毛母さんだけでございました。
子供たちはまだ用心深いんだね。
なんて書いたら綺麗に終わるんだけどさ。
先日あっちの公園で偶然ネコ特盛り!のシマポン。さんにお会いして、この展望台にご案内したのですが…
シマポン。さんの写真だとチビ達みんな出てきてるんですよねぇ。
猫への愛の差なのか?
いや、自分が行った時はまだ暑かったから…そう思うことにしよう。うん。

この三毛さんとチビ、続きます。

(2010/09/下旬撮影)

ポチッと押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

あの島のあの場所で、そんなことが・・・!
もう、めっちゃくちゃカワイイですね!!
わたしはまったく根拠なく、「あっちには居なさそう」とか思っていましたよ。。ろっちさんの猫レーダー(というか猫運というか猫の神というかw)、ほんとうにすごすぎます。少し分けてほしいくらいですw

>namaさん
実は自分も「ここには居ないだろう」って思い込んでいたんですよ。
でも何気なく来てみたら!
猫レーダーは暗渠レーダーと同じようなものですよ(笑)
トマソンな物を見つける事が出来る人なら、ちょっと視点を変えれば猫が眼に入るようになるはずです。
多分…

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。