2022年1月22日 | 街を歩けば そこに猫のブログ記事

10月末の週末。
新橋の家庭料理てまりさんで猫呑みを楽しんでおります。

肉豆腐を食べて温まります♪

『美味しい?』

はい、キクちゃん。
美味しいですよ!

あ…ハルちゃんがやってきましたね。
『箱に入ろうと思ったけど…コツブさんが…』

コツブさんに躊躇するハルちゃん。

お休みせずにカリカリを食べ始めました。

その音を聞いて覗き込むコツブさん。

そしてもう一人やってきた男を…

すかさず抱っこ!
『あ…捕まってしまいました…』

『ろっちさんに捕まったと言う事は…』

そんなイカ耳にならないでくださいよ、パンツくん。

『アレをやるんでしょ?』

はい、協力してくださいね!

『しょうがないですねぇ』

酔っぱらいネコリーマンのヤラセ写真に協力してくれたパンツくん。
脱力っぷりがよく現れていますねぇ。

『もういいですか?』

いや、ヤラセ写真に喜んでいる他のお客さんもいるのでもうちょっと…

『ボクはヤラセは懲り懲りなんですけどねぇ』

目を逸らすパンツくん。

顔もうなだれてガックリ状態。

いい酔いどれ具合の写真が撮れました!

『ふぅ、疲れました』

ご協力ありがとね!

『呑まずにいられませんね』

え?

『焼酎水割りを一杯くださいな』

パンツくん!自分のお酒呑まないでください!
それに猫さんにアルコールは毒ですよ!

『これが呑まずにいられるかって言うの!』

自分の腕の中でやさぐれるパンツくん。
いや、ホントご協力に感謝!
と撫でながら…
後編に続くのでございます。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

カレンダー

2022年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

ブログ村ランキング

ツイッター

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。