« 前の記事:

次の記事: »


とある空き地。
コンクリートの上に猫さんの姿が見えました。

近寄ってみましょう。

キジ白さんがくつろいでいます。

その下では、三毛さんがお食事中です。

キジ白さんはご飯食べないのでしょうか?

『姉御が一番先に食べるって決まっているんだよ』

『わたしゃ姉御が食べ終わるまで見張りしてんの』

キジ白さんが見張っている下で、ムシャムシャご飯を食べる三毛さん。

『見張りも飽きて、お腹が空いてきたんだけど…』

『姉御はまだ食べているかねぇ?』

あ、三毛さんは食事終わったみたいですよ。

『ふぅ、満腹♪満腹♪』

食事を終えて毛づくろいする三毛さん。

向こうから白黒さんもやって来ました。

『白黒?あいつの順番は最後だよ』

『今頃はキジ白がご飯食べているはずさ』

お食事場所を見てみると…
キジ白さんがお食事中。

姉御が食べ終わったので、安心してご飯を食べられるようです。

『ご飯を食べて♪お水も飲んで♪』

お食事を続けるキジ白さん。

『ねぇねぇ、ボクの分残ってる?』

白黒さん、心配そうに覗き込みます。

『残ってなかったら、おじさんご飯ちょうだいね』

あげたい気持ちはやまやまですが、自分はその…

『そのおっさんはハズレだからご飯くれないよ!』

姉御の三毛さん、冷たい一言で白黒さんと自分を突き放すのでございまいした。

さて、白黒さんもご飯を食べられたのでしょうか?
少なくなっていたご飯ですが…
この直後に、食事配給係が来られて、白黒さんも無事にお食事出来たのでございました。
白黒さん、たらふく食べてくださいね!

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。