« 前の記事:

次の記事: »


とある街を散歩中。

塀の上にチビさんを見かけました。

こらこら、有刺鉄線の上に乗っちゃ痛いでしょ!

『だってさ、いつもならいつもの人が来てね…』

『この中にご飯が入ってるのに、今日はまだないの』

『だからこっち側に美味しい物がないかなぁって』

あぁっ!また有刺鉄線をまたぐ。
猫さんは痛くないのかもしれないけど、見てる方が痛いからやめてくださいな。

『じゃぁこの中にご飯入れてよ』

あいにくご飯は持っていないですからねぇ。

『じゃぁまたぐ』

あぁっ!見てるだけで痛い痛い!
またぐなよ!またぐなよ!

取り敢えず指の匂いでも嗅いで気持ちを落ち着かせてくださいな。

ほらほら、ついでに撫でちゃうから!

『指なんかよりご飯の方がいいのになぁ』

『早くご飯が中に入らないかなぁ』

ご飯の容器と思われるラーメンどんぶりをじっと見つめるチビさん。
背中に邪道と書いた革ジャンが似合いそうなのでございました。

そのチビさんのすぐ近く。
塀の上の木の影に、別の猫さんの姿も見えました。

サバ白さん。
色と柄から見て、チビさんと血縁関係がありそうですねぇ。

でも、耳カットされているから違うかな?

サバ白さんはご飯待ちしないのでしょうか?

『ご飯の時間はもうちょっと後。チビは先走ってんのさ』

果報は寝て待てのサバ白さんでございました。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。