« 前の記事:

次の記事: »


前回の翌日。
また猫散歩に出かけたとある場所。

凄い張り紙を見つけました!

そっか、環境破壊なのか。
CO2の排出以上に、立小便は世界中の男性(とは限らないかも)の問題になっているようです。

張り紙に見とれて…
いや、張り紙を見ながら環境破壊について考えていると…

キジ白さんが現れました。

真っ直ぐ自分に近寄ってきて、そのままスリスリするキジ白さん。

撫でさせて頂きます♪

『もっと撫でて!もっと撫でて!』

『もっと~~~~っ!』

キジ白さん!近すぎます!
撫でてあげるからカメラから離れて!

キジ白さんを撫でていると、ちょっと離れた場所からニャーと声が。

『何か持ってきたんだろうね?』

黒白さんが声をかけて来ました。

『贅沢は言わないから、早く何か出しておくれ』

いや…出すも何も…
カメラしか持ってきていませんが。

『なんですと!あんたもしかして噂の…』

そうです。
私がハズレのおっさんです。

『あ~…ついに自分で言っちゃったか』

さらに離れた場所から、茶白さんがチェックを入れて来ました。

『ハズレじゃないよ、撫でてくれれば大当たりだよ!』

キジ白さん…なんていい猫さんなんだ!

『だからもっともっと撫でてよー』

お礼にキジ白さんをいっぱい撫でさせて頂いた自分なのでございました。

おっと、キジ白さんをいっぱい撫でていたら、日没の時間が迫って来ました。
夕陽と富士山を見る為のスポットに移動しましょう。
そのスポットは猫スポットでもあるのですが…
その様子はまた明日。

 

ポチッと押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


« 前の記事:

次の記事: »

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

ブログ村ランキング

さくらねこ不妊事業

私たちは公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回大田区のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から40頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。